無料ブログはココログ

山情報共有サイトのヤマレコ

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

2012年6月30日 (土)

心拍トレ入門

先日整形外科の待合室で雑誌棚を探したらTarzan誌の特集「心拍トレ入門」を発見。
ここの医院はスポーツ整形を謳っているのでこういう雑誌があるのだな。読んで見ると面白かったので、診察後に本屋さんに立ち寄って購入(税込500円なり)。

記事の中から目標心拍数を求める。
220-年齢=最高心拍数(220-53=167)
最高心拍数ー安静時心拍数=予備心拍数(167-78=89)
予備心拍数×運動強度+安静時心拍数=目標心拍数
(89×0.65〜0.75+78=136〜145)
ということになり、持久力アップと脂肪燃焼を目指すならこれ。

足首が治ったら、ハートレートモニターを着けて走るのだ。

2012年6月24日 (日)

腕力保持用トレーニングホールドを作ってみた

当面、ジムで登ることが出来そうにない。でも、今まで作ってきた腕の筋肉を維持したい。そこで、車庫の梁を活用してトレーニング用ホールドを作ってみた。

我家の車庫には丁度良い高さのところに太い梁がある。そして丁度良いサイズの板切れが余っていたので、これでトレーニング用ホールドを作ってみることにした。

梁に板を釘で打ち付ける。梁の上に板を少しばかり出して、指で板の短面を乗り越えさせればガバ持ちが出来るようにする。短面上で指先を止めればカチ持ちになる。

な かなか具合良し。でも、板の角が痛い。そこで、近所の百円ショップへ行き、良いものが無いか探してみた。あった!すべり止めシート。ゴム製のメッシュ柄に なっている。これと両面テープを購入。これで板の角を被ってみた。とても良い感触。ついでにクリアシートを購入。これはCLIMBING joy誌(No8)の記事「保持力アップのトレーニング」をコピーして中に入れて押しピンでホールドの近くに止めておく。

ホールドの間に携帯電話のホルダーを作ってストップウォッチを見ながら記事に示された1分毎のメニューをこなしていく。

ひととおりやって見た。8分目の「指先だけ掛けて10秒ぶら下がり、そのまま、ひじを90度にキープして15秒ぶら下がる」というところ、指だけではキツかったのでガバにして。あとは大体OK。で全10分1セット。

あっ!そういえば大腸ポリープ除去後10日間は激しい運動NGだった、、、
まあ、1セットくらいなら良いだろう、、、Dscf1146_1_3

2012年6月23日 (土)

普通が大事

今日は休日だけど、右足首の捻挫の影響で走れもせず、ボルダリングも出来ない。

とても寂しい。これまで良く身体を動かしてきたものだ。

普通に走り登ることの出来る幸せというものを改めて実感する。
先日の大腸ガン精密検査の際に絶食したことから普通にご飯を食べることの幸せも実感した。

で、今日は図書館で本を借りて人の人生を味わう幸せを実感しようと思う。

借りたのは、
「ユージ★ザ・クライマー」羽根田 治 著 山と渓谷社刊
「home」木山 祐策 著 光文社刊

この週末はまったりと楽しもう。

大腸ガン精密検査で一泊

昨日、大腸ガン精密検査を受けた。朝7時から下剤ジュースを15分毎にコップ1杯づつ飲み、9時までの2時間で1800cc。飲み始めて30分で下痢が始まり、15分毎位でトイレへ。11時頃にはお腹すっからかん。12時頃には空腹で眠気がした。低血糖状態だったのかな?空腹時はミルクの入らない飴ならなめても良いと説明書にあったので、飴2個を消費。

家に居るのも気が滅入るので、13時30分から図書館へ。中国へ酒の旅レポへ行った人の本や、山渓などを読みつつ、15時に図書館を出て、病院へ。受付を済ませて内科へ。前の人の検査が長引いているようで、検査室の前へ行ったのが16時過ぎ。

何年か前に来たのだが、検査棟が新しくなっていた。中へ入ると機械も全て新しい。お尻にスリットの入ったパンツと上着に着換えて検査台の上に。横向きに寝転び膝を曲げた態勢。「口をぽか~んと開けてお尻の力を抜いて」と言われるが、どうしても次を考えると力が入る、で、直腸の触診、先生が手袋をした指を突っ込む。これが痛いの何の。思わず痛エ!と呟く。カメラは指より太いよ!と言いつつカメラが入る。イテテ!先が思いやられる。けど、観念する。

ズルズルとカメラは腸の奥へ入って行く。腹具合が悪い時の腸の感触が続く。目を閉じて呼吸を整え平常心を保とうと努力する。お尻の痛みは既に無いがずっと腸内を蠢く異物による妙な緊張感が継続する。途中から仰向けで膝を立てた態勢に。暫くして、「奥へ達したのでこれから戻ります」と先生。看護師さんが「右を向けば映像が見えますよ。」と教えてくれる。ええい、こうなったらしっかり見てやろう。と自分の腸内を見る。所どころ洗浄しながら確認して行く。良く出来た機械だと感心しながら早く終わらんかなと見続ける。かなり戻った所で何か見つけた風。画面の色が青系に変わる、と、腸壁に白っぽい丸が。

どうもこれがポリープのようだ。こんなの取れるんだろうか、と思う間に白い棒が視界に入り、その先からワイヤーの輪っかが出てきてこれをポリープに押し付ける。ここは「頑張れー!」と応援したくなる所である。丸いポリープを上手く捉えたかと思うとポリープから血が流れ、白くなった瞬間、自分の左下腹がジクジクっと一瞬痛みの感触が。ポリープを焼き切ったようだ。

その後も念入りに腸壁をチェックしつつ、ゆっくりと出口へ戻って行く。ようやく「はい、これで終わりです。」とカメラが出て行った。ふうー疲れた。「ポリープ 一箇所切りましたが、他はきれいでした。では今日は入院していただきます。」ということで一泊決定。

病室は二人用だけど、ベッドは一つ。もう17時を過ぎていた。カミさんが持ってきたポカリを飲んだが、これが旨かった。一山越えた後の美味さと一緒。18時に食事が届く。昨夕の指定食(レトルトのビーフシチューとクラッカー数枚)以来の食事。とても美味かった。まさに修行の後の食事、と言う感じ(精進ではなかったけど)。感謝して食べる、と言う心境であった。

その後、点滴を受けながら、まったりとテレビ「黄金伝説」を見ていた。この感じは悪くないなあ。それなりに癒される。まあ、一泊だから良いのだけど。

で、今日は朝食後に点滴で、午前中には退院。やれやれ、後は3週間後の病理検査を待つのみ。その時に先生から胃カメラを飲みましょうと強く勧められ、気弱な私は予約してしまった、、、いやあ、コンパクトになった、とは言え今度は胃カメラ。これも難儀やなあ。ま、いっかー。

2012年6月19日 (火)

悔しい

土曜日にボルダリングの着地をミスって右足首を捻ったが、以後、火曜日までテーピングして凌いだ。で、火曜日の夕方に整形外科へ行き診察を受けた。レントゲン撮影時にテープでかぶれた足を見て先生から「診察を受けずにテーピングするのは闇夜で鉄砲を撃つようなもんだ」と痛烈な批判を受けた。

レントゲン写真では骨等には異常無かったものの、外側靭帯が弱っているということ。放置すれば癖になってしまう、ということで、U字ギブスをあてがわれてしまった。包帯を解けば(入浴時など)外せるのだが、これで3〜4週間過ごさなければならないとのこと。

ショックである。羽をもがれた鳥である。ランニングもボルダリングも出来ない(もちろん山も)。ストレスが解消出来ない!水泳も靭帯を伸ばしてしまうのでダメ。せめて、ぶら下がりトレーニングで腕を鍛えたり、腹筋、背筋を鍛えるしかないか。

仕方ない!英語頭のトレーニングでもするか、、、

2012年6月17日 (日)

ゆっくり取り組め、ということか、、、

ボルダリングの落下着地時に足首を捻挫してしまった。

相当張り切って快調に登ってたんだけど、暫く休止しなきゃならない。

とっても残念。今後もレベルアップ出来ると思ってたのに、、、

でも、ゆっくりと取り組め、という天の声なのかな。やり過ぎると故障するかもしれないので、歳を考えてペースを調整せよということかな。

ともかく、今は安静してちゃんと治そう。

2012年6月16日 (土)

好事魔多し

今日はやる気満々。コンビニで昼食の焼きそばパンとバナナを購入して、10時30分にはボルジムLABOへ。

アップ後、黄色(6級)を少しこなして、赤(4級)を攻める。

まず、5番。ハングからの乗越しの緑ブロックを掴んで下の足場を拠点に上の左小ホールドを掴み、緑ブロックにヒール、左手ブロックに右手を右から添えて体を右に振り、左足を左スローパーに乗せて、左手に足、そろりと立ち上がって左の壁に左手を添えつつ左上のゴールを掴んでゲット。

次は4番。何回かトライを重ねて、右足ホールドからゆっくり伸び上がって右手を小ホールドへ。右手と右足ホールドを拠点にして伸び上がり左手でゴールを掴み取る。OK。

調子は上々。6番。スタートから右手をカチ、そこから左手をホールドに伸ばし、左足を少し上げて右手を上のスローパーへ、そして左手をさらに上のスローパーへ。そこから右足をスタートにかけて伸び上がって右手で小ホールドへ引っ掛けて左手をさらに上のブロックへ。右手をマッチして左足でスローパーに乗り込んでゴール。これも何回かのトライでゲット。

さあ、あとは7番と10番。7番はルーフから乗越していく疲れる課題。一回攻めるも乗越の手前で疲れて落下。

じゃ10番。スタートから右手で右上のスローパーを掴む、ここがまず難しい。何回かやる内に慣れてくる。右手スローパーを耐えながら片足スタートの右を左に踏みかえハリボテの小ホールドを左で掴む。右足を手のスタートに乗り込み、伸び上がって右手を上のブロックへ。そのまま左手を左上のブロックへ。右足をハリボテのホールドに乗り込んで伸び上がり右手で上のスローパーを掴む。そこから勢いを付けて左手でゴールを掴む、はずが、手は届くも掴めず落下。

何回かトライ。手は未だ好調。トライする内にゲット出来そう。今日は絶好調!まだまだ楽しむぞ!と張り切っていた。

が、

右手でブロックを掴もうとして失敗して落下。その時マットで跳ねて再着地時に右足を捻ってしまった。イテテ。少しうずくまる。痛みが引いて歩けなくもないが、大事をとって終了。あー、手は未だ元気なのに惜しい、、、帰ってシップしよう。

で、帰宅して右足首を水で冷やして湿布を貼って現在に至る。好事魔多し。気をつけなきゃ。

P2012_0616_132332

余裕

ここの所、いっぱいいっぱいで、楽しめなくなってたような気がする。

遊び心が皆無に近い状態だったような。坐禅などで何とか心を整えようとしてた。

人間、余裕がないと意欲が湧かなくなってくるんだと思う。

だから、明日は思いっきり楽しんでボルダリングに臨もう、と思う。

自分を追い詰めたんじゃ良いことはひとつも無い。

仕事から離れた時は思いっきりそれを楽しもう。

で、仕事も楽しむ。

そうだ!遊戯三昧なのだ!

たまには山へも遊戯三昧と、湯気三昧なんつって、、、

2012年6月13日 (水)

今日は休暇

今日は休暇。と言っても、まずは病院で診察。総合病院外来なので時間がかかりそう。
8時半から初診受付。受付で大腸ガン精密検査の書類を渡す。

書類を持って内科へ移動。程なく診察開始。随分前に同じ病院で大腸ポリープ除去をしてたので写真などがあった。先生曰く、「検査で異常なくても定期的にファイバー検査しなきゃね」で、でも、面倒だなあ。

来週検査を受けることにして前日食事セットや下剤セットを受け取る。ポリープ除去の場合は病院へ1泊、というのは以前と変わっていなかった。意外に早く9時40分には終了。

今日は休日、有効に使うのだ。で、散髪に行き、スッキリ。店長、「今日はこれから何するんですか?もしかして指紋擦り減らしに行く(ボルダリング)?」「はい、午後からね。」と私。

というわけで、昼食後に13時から開店するボルジムLABOへ。13時過ぎに到着。一番乗り。

今日は少なく、最大でも6人位でまったりと。コンペで登っていなかったオレンジ(5級)を全て片付ける。オンサイトとはいかない課題もあったものの、順調に終了。そして赤(4級)を片付けようと6番へ挑むも落下。

他の人が始めた4番へ。しかしこれも落下。5番へも挑むがヒールが上手く決まらずこれも落下。で、腕が終わって17時過ぎに終了。腕が筋肉痛。未だ土曜日のコンペの疲労が残ってたようだ。やはり歳かな?

でも、楽しかった。平日の休日にまったりと登るのは良いなあ。次回は赤を攻めるのだ!

2012年6月12日 (火)

大腸ガン精検

先日、健康診断結果として大腸ガンの精密検査の招待状を受け取った。久々に。

明日は病院に行き診察。その後、検診セットを受け取って検査の日を決めて、検査前日に下剤ジュース(といえばいいのか?)をがっぽがっぽと飲んで腸内をクリアーにしてお尻からファイバーを侵入させて腸内探検と相成るのだ。そして、ポリープが見つかるとワイヤーで焼き切るのだ。というのを随分前の前回にやった、というかやられた。そのまま病院で一泊。今はその日に帰れるのだろうか?明日、聞いてみよう。

まあ、何も無ければ幸い、でも、50年以上生きてきたなら、ある程度の覚悟というのも必要だろう。ということで、1日1日をより良く生きて行くことが大事なのだろうなあ。明日は検査が終われば、休日の残りを多いに楽しもう。また、ジムで攀じ登るとするかな!

本日、「雲堂」で座禅30分。累計630分。

2012年6月10日 (日)

ドコデモFM

昨日、ボルダリングジムのコンペで1日中壁登りに勤しんでいたので、今日は身体全体が怠い。

こんな日は休養日である。いつも車に乗る時はFM放送を聞いている。で、家で寛いでいる時にFM放送が聞きたい、けど、我が家はFMの入りがイマイチなのである。今日、暇つぶしの本をゲットしに車で図書館に向かう時にFM放送で「どこでもFM」というアプリ(スマホやiフォン向)があると知り、早速ダウンロードしてiPadに導入した。こうやって日記を書いている時もバックグラウンドで鳴っているのでとても具合が良い(因みに今、「あ、阿部礼司」を聴いているところ。これ、結構おもしろくて好きなんだよね)。

でも、1ヶ月を超えると月額350円が課金されるらしい。電波から取り入れる以外では金を取るのだなあ。でも、全国のFM曲が聞けるので、それも良しとするか。まあ、1月考えよう。つまらぬことの月払いを解除するか。何事も取捨選択が大事。かな。

2012年6月 9日 (土)

ジムのコンペに初出場~驚きの結果

本日はボルジムLABOのホールド総替が完了したお祝いのコンペの日。

受付開始の9時前からジムへ。壁の塗り替えも終わり、新しい配置のホールドが輝いていた。

コンペは女子、男子1(初心者)、男子2、上級者(エキシビション)の4クラス分けで行われた。

私は男子1にエントリー。6級(黄色、足自由)、5級(オレンジ)、4級(赤)、3級(青)を1時間+休憩(女子と男子2の応援を兼ねて1時間)+1時間で出来るところまでやる、というもの(シートでの自己申告)。

最初は黄色をいくつかアップ代わりに登り、オレンジ、そして得点の高い赤をやって、疲れたらつなぎで黄色、といった組み合わせで行った。その結果は黄色全て(10課題)、オレンジ(5課題だった?)、赤(3課題)をやって終了。最後あたりは明らかに掴めるホールドを腕の疲れで逃す状況でヘロヘロ。

集計後、5位までが決勝進出ということだったけど、何と私は他の一人と同率5位で決勝に出るという、驚きの結果となった。

決勝は5分程、課題をオブザベーションの後、壁が見えない所に集合して一人づつ5分の持ち時間で一つの課題を繰り返すもの。傾斜壁での課題、ムーブの組み立てはできたものの、疲れた腕で果たして上手く掴めるのか不安。

私はトップで出た。まずは傾斜壁の途中で落下。周りからの声援に力が湧く。少し休んでもう2回、だんだんと前進。最後は終了10秒前で取り付く。傾斜壁を抜け出るところまでは行くも、伸び上がって終盤のホールドへ右手を出したところで掴めず落下。でも、とりあえず恥ずかしくないところ位までは見せることができたかな。

自分の子供と同じ位の若い人と一緒に励まし合いながらの決勝は楽しかった。決勝では最下位となったが満足だった。今コンペ最年長者として決勝に残ったのだから出来過ぎな位だ。

コンペ終了後も壁開放、で夕方からジムの前でバーベキュー。とっても楽しい1日に感謝感激なのであった。でも、腕は(心地良い)ヘロヘロ状態。
写真:ホールド新装なったジム内~コンペ開始直前風景

P2012_0609_094357


20回(600分)目は半跏趺坐で

今日は20回目。1回30分なので累計600分。

これまでは結跏趺坐で、足の組み深さを色々と調節しながらやって来たが、今日は半跏趺坐で足の痺れがないように。と思ってやったのだが、結局、足が痺れても結跏趺坐の方が安定感があり集中出来るような気がする。そんなことで集中力に影響するなんて、やっぱりひよっこなのかなあ。

ほぼ毎日坐っているにもかかわらず、普段の生活で怒りの感情などが沸き起こったりする。心が安定していないなあ。こういうのを「修行が足りん」というのだろうか?もっとじっくりと安らかに坐らなきゃいけないな。

2012年6月 5日 (火)

帰宅ラン

仕事着がクールビズになり、今日はノーマイカーデー。それで、ランパックにランニングウェア、心拍計などを入れてランニングシューズを履きバスで仕事場へ。仕事場では、置き靴を履く。既に帰宅ラン体制万全。

仕事終了19時前。空腹を感じながらもランに入る。国道沿を順調に。結構走っている人がいる。半分の5キロ地点、維新公園付近でかなりパワーダウンを感じ、ハンガーノックまでには至らないものの、自販機でネクター、糖分と水分を補給しつつ休憩。ここから再び国道沿いをラン。

約11キロを1時間9分、久々の10キロにすっきり。で、66.4kg、体脂肪17.5%

健康的ではあるけど、今日は健康診断結果として大腸ガン精密検査への招待状が届いた。メンドくさいなあ。3回目だけど、お腹を空にしなきゃならないし腸内をファイバーがゴソゴソ入り込んで行くのは不愉快だもんなあ。仕方ない、休みをとって行くか、、、

2012年6月 3日 (日)

生落語観賞

本日は14時から地元図書館の入館50万人記念イベントとして公民館で開催された落語会を観た。

演じるは桂かい枝師匠。英語落語でアメリカ他外国で公演してることを知ってて楽しみにしてた。

古典「手水廻し」から新作、英語落語「動物園」まで、前振りもたっぷりで、子どもから大人まで楽しめる内容だったと思う。とっても久しぶりに涙まででるほど大爆笑させてもらった。

今まで生で落語を観賞したことがなかったが、プロの話芸は素晴らしかった。かい枝師匠の英語落語をテレビで見て好きだなあと思っていたが、ますますファンになった。

2012年6月 2日 (土)

痛い目

今日はボルダリングジムで痛い目にあった。とはいっても、壁から落ちたわけではない。ジムの前で常連さんが持って来たスケボーもどきに乗った瞬間、ボードだけが飛びだして私は残されてアスファルトの上でおもいっきり尻から落ちたのである。今なお痛い。明日がどうなるか少し心配、、、

まあ、クラミングの方は支障なかったけど、少しパフォーマンスが悪かったかも(汗)。

まだ、一部ホールド改修中で、課題は限定されてるが、常連さん達と一緒に楽しめた。

ルーフの課題、惜しいところまでいったけど、、、まあ、今日は完全オフでまったりとリラックスモードで楽しめたのでまあ良いか。

来週土曜日はホールド換え直後のコンペ。是非参加したいところだ。ガンバ!

映画、GOMORA を観た

地元の図書館に併設された映画部屋でイタリア映画、「ゴモラ」を観た。

ここのところ休日が無く、久々週末の休日を迎えることの出来る花金!定時で仕事を終え、腹ごしらえをして19時からの上映。仕事で疲れて心地よいシートに眠くなるかな、、、という思いは甘かった。

パンフレットによると、ナポリを本拠にした利潤追求を至上とする犯罪組織「カモッラ」の実態を容赦なく告発した、実話に基づいた作品で、人が冷徹に銃撃されて瞬時に命を落とすシーンが多い、ハードな映画であった。人は欲望の下に人を殺してしまう恐ろしい動物であるのだなあ、と改めて思う。
映画の終了時のテロップでは、3日に1人の割合で人が殺されていることや、ブラックマネーがツインタワーの建設にも流れているなどと出てきてヘェ〜という感じであった。この原作者はカモッラから暗殺指令が出ていてボディガードに24時間体制で警護されているそうな。人間、って恐いし凄いもんだなあ。

見応えのある作品であったが、背景と登場人物の立場がわからなくてストーリー展開について行けなかった感がある。原作(死都ゴモラ:河出文庫)を読んで、予備知識を持って観るともっと味わえるのでは、と思った。

2012年6月 1日 (金)

6月1日といえば、ハセツネエントリーの日

そう、今日はハセツネエントリーの日。
http://www.hasetsune.com/

今回も1日で完売ですね。3年前の17回は休暇を取って午前10時から2台のパソコンでランネットに必死でエントリーをしたのだなあ。その時は1時間か2時間でソールドアウトだったと思う。

その頃は良く山と走りを組み合わせてトレーニング、頑張ってたなあ。今は暇が少ない分、鍛え切らないかな。

ハセツネでの夜通しの山歩き、楽しかったという印象が残っている。でも、相当苦しかったはずなんだけど、特に夜明けからが、、、でも、良い思い出だなあ。また、出て見るのもいいかなあ。でも、予選(エントリー)が厳しいしなあ。

エントリー成功された方、おめでとうございます。そして頑張り楽し苦しんでください!

今日も30分坐った。腹式呼吸で息を出し切る時、腹筋周辺に負荷をかけている。それでかな?少し体脂肪が減ってる。67.8kg、体脂肪16.6%、身体が絞れるとクライミングが楽になるのだ。少しでも軽い方が。

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31