無料ブログはココログ

山情報共有サイトのヤマレコ

« 普通が大事 | トップページ | 心拍トレ入門 »

2012年6月24日 (日)

腕力保持用トレーニングホールドを作ってみた

当面、ジムで登ることが出来そうにない。でも、今まで作ってきた腕の筋肉を維持したい。そこで、車庫の梁を活用してトレーニング用ホールドを作ってみた。

我家の車庫には丁度良い高さのところに太い梁がある。そして丁度良いサイズの板切れが余っていたので、これでトレーニング用ホールドを作ってみることにした。

梁に板を釘で打ち付ける。梁の上に板を少しばかり出して、指で板の短面を乗り越えさせればガバ持ちが出来るようにする。短面上で指先を止めればカチ持ちになる。

な かなか具合良し。でも、板の角が痛い。そこで、近所の百円ショップへ行き、良いものが無いか探してみた。あった!すべり止めシート。ゴム製のメッシュ柄に なっている。これと両面テープを購入。これで板の角を被ってみた。とても良い感触。ついでにクリアシートを購入。これはCLIMBING joy誌(No8)の記事「保持力アップのトレーニング」をコピーして中に入れて押しピンでホールドの近くに止めておく。

ホールドの間に携帯電話のホルダーを作ってストップウォッチを見ながら記事に示された1分毎のメニューをこなしていく。

ひととおりやって見た。8分目の「指先だけ掛けて10秒ぶら下がり、そのまま、ひじを90度にキープして15秒ぶら下がる」というところ、指だけではキツかったのでガバにして。あとは大体OK。で全10分1セット。

あっ!そういえば大腸ポリープ除去後10日間は激しい運動NGだった、、、
まあ、1セットくらいなら良いだろう、、、Dscf1146_1_3

« 普通が大事 | トップページ | 心拍トレ入門 »

主としてボルダリングJoy」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1694998/45828967

この記事へのトラックバック一覧です: 腕力保持用トレーニングホールドを作ってみた:

« 普通が大事 | トップページ | 心拍トレ入門 »

最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31