無料ブログはココログ

山情報共有サイトのヤマレコ

« 悔しい | トップページ | 普通が大事 »

2012年6月23日 (土)

大腸ガン精密検査で一泊

昨日、大腸ガン精密検査を受けた。朝7時から下剤ジュースを15分毎にコップ1杯づつ飲み、9時までの2時間で1800cc。飲み始めて30分で下痢が始まり、15分毎位でトイレへ。11時頃にはお腹すっからかん。12時頃には空腹で眠気がした。低血糖状態だったのかな?空腹時はミルクの入らない飴ならなめても良いと説明書にあったので、飴2個を消費。

家に居るのも気が滅入るので、13時30分から図書館へ。中国へ酒の旅レポへ行った人の本や、山渓などを読みつつ、15時に図書館を出て、病院へ。受付を済ませて内科へ。前の人の検査が長引いているようで、検査室の前へ行ったのが16時過ぎ。

何年か前に来たのだが、検査棟が新しくなっていた。中へ入ると機械も全て新しい。お尻にスリットの入ったパンツと上着に着換えて検査台の上に。横向きに寝転び膝を曲げた態勢。「口をぽか~んと開けてお尻の力を抜いて」と言われるが、どうしても次を考えると力が入る、で、直腸の触診、先生が手袋をした指を突っ込む。これが痛いの何の。思わず痛エ!と呟く。カメラは指より太いよ!と言いつつカメラが入る。イテテ!先が思いやられる。けど、観念する。

ズルズルとカメラは腸の奥へ入って行く。腹具合が悪い時の腸の感触が続く。目を閉じて呼吸を整え平常心を保とうと努力する。お尻の痛みは既に無いがずっと腸内を蠢く異物による妙な緊張感が継続する。途中から仰向けで膝を立てた態勢に。暫くして、「奥へ達したのでこれから戻ります」と先生。看護師さんが「右を向けば映像が見えますよ。」と教えてくれる。ええい、こうなったらしっかり見てやろう。と自分の腸内を見る。所どころ洗浄しながら確認して行く。良く出来た機械だと感心しながら早く終わらんかなと見続ける。かなり戻った所で何か見つけた風。画面の色が青系に変わる、と、腸壁に白っぽい丸が。

どうもこれがポリープのようだ。こんなの取れるんだろうか、と思う間に白い棒が視界に入り、その先からワイヤーの輪っかが出てきてこれをポリープに押し付ける。ここは「頑張れー!」と応援したくなる所である。丸いポリープを上手く捉えたかと思うとポリープから血が流れ、白くなった瞬間、自分の左下腹がジクジクっと一瞬痛みの感触が。ポリープを焼き切ったようだ。

その後も念入りに腸壁をチェックしつつ、ゆっくりと出口へ戻って行く。ようやく「はい、これで終わりです。」とカメラが出て行った。ふうー疲れた。「ポリープ 一箇所切りましたが、他はきれいでした。では今日は入院していただきます。」ということで一泊決定。

病室は二人用だけど、ベッドは一つ。もう17時を過ぎていた。カミさんが持ってきたポカリを飲んだが、これが旨かった。一山越えた後の美味さと一緒。18時に食事が届く。昨夕の指定食(レトルトのビーフシチューとクラッカー数枚)以来の食事。とても美味かった。まさに修行の後の食事、と言う感じ(精進ではなかったけど)。感謝して食べる、と言う心境であった。

その後、点滴を受けながら、まったりとテレビ「黄金伝説」を見ていた。この感じは悪くないなあ。それなりに癒される。まあ、一泊だから良いのだけど。

で、今日は朝食後に点滴で、午前中には退院。やれやれ、後は3週間後の病理検査を待つのみ。その時に先生から胃カメラを飲みましょうと強く勧められ、気弱な私は予約してしまった、、、いやあ、コンパクトになった、とは言え今度は胃カメラ。これも難儀やなあ。ま、いっかー。

« 悔しい | トップページ | 普通が大事 »

あれこれ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1694998/45783748

この記事へのトラックバック一覧です: 大腸ガン精密検査で一泊:

« 悔しい | トップページ | 普通が大事 »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30