無料ブログはココログ

山情報共有サイトのヤマレコ

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月

2015年5月31日 (日)

ホームだけどプチ遠征

本日はレノファのホームゲーム、年パスを購入したのでホームゲームは行ける限り行くことにしている。今日は下関での開催。

いつもの維新なら歩いて15分なのだけど、今回は車を新山口駅前の駐車場に入れて電車で下関。下関駅からバス。3番のバス停からなら全ての便は「東駅」(昔、路面電車の駅があったので東駅という名前になったと聞いている)を経由する、という事でここから東駅へ向かう。バス停を降りて地下道を対角方向に渡れば程なく下関市営陸上競技場に到着する。アクセスは良好である。



試合はJリーグU22選抜を相手に、いつもの楽しい楽しいレノファのパスサッカーで危なげなく3-0(前半1-0、後半2-0)で快勝。観客席の雰囲気、最初は静か目の様子見的な感じから始まって、維新と同様の、レノファ特有の楽しい雰囲気に包まれて行った。ここで初めて観戦してハマった人達は相当にいるのではないかと思う。2153人の観衆は下から2番目だったけど、きっと次回はもっと盛り上がるだろう。







帰りの下関駅で電車待ちしながら思った。下関駅にあって新山口駅に無いもの、それは「自動改札」と「スタバ」。下関の方が都会?この前、鳥取でスタバ騒動をテレビでやってたけど、実は県庁所在地の山口市にはスタバが無いのである。

電車で新山口駅に帰って来ると、いきなり下関駅に無くて新山口駅にあるものに遭遇!それは「蒸気機関車」であった。だからと言って山口の方が田舎なのは変わらないか(笑)。でも、市中心部に蛍が舞っているのが良いところだし、それがレノファを取り巻く最高の雰囲気の素なのだと、勝手に誇らしく思ってみた。



さあ、次回ホームは再びここ下関。町田を迎えるので、しっかりリベンジの後押しをしよう!

JFL以降のホーム観戦無敗記録延伸15勝1分!

<参考>
遠方より次回下関に観戦に来られる方へ。新下関駅は「こだま」が主。だから、帰りは山陽本線の電車で新山口駅からの新幹線利用がお勧め。帰りに下関発16時20分の新山口行きに乗って新山口駅の新幹線と反対側の端っこの山口線ホームに行くと、写真のように「SL山口号」に逢えるオマケ付き。

2015年5月27日 (水)

チャレンジデー

今日はチャレンジデー



規定時間内に15分以上の運動をした市民の数で他市と勝負する日。相手は秋田市、J3山口はJ3秋田に勝っている。

それはともかくとして、維新百年記念公園陸上競技場の外周を含むコースを5キロ走行。競技場をホームとするレノファ山口の勝利を祈って。

時間は午後9時まで、外周コースのスタート地点に市の担当者の人が居たので申告完了。快走だった。

平均心拍数150、事後の体重68.5kg、体脂肪率18.8%、夕食前の空腹ランは効果的、も少しだけ絞り込みたいところ。

東京で楽しき異文化体験

東京に行く機会があり、いつものジムとは違う「異文化体験」をして見ようと、山情報共有サイトのヤマレコで前から気になっていた東京は白金台の「そらよん」に行ってみた。

オーナーさんにヤマレコユーザーである事、ホームジムで取り組んでいる級について伝え、山の話などしたり、課題を推薦して頂いたりで、楽しく過ごす事が出来た。

推薦していただいた課題に挑んで行く。いづれもムーブを解きながらスタティックにホールドを追いかける、結構手強い課題達。時間をかけてじっくりと取り組めれば上達出来そうだけど通えないのが残念。

同世代のオーナーさん、偶然来られてオーナーさんに紹介していただいたヤマレコユーザーさんと、とても良い時を過ごす事が出来て楽しかった。

「そらよん」は山の岩場訓練も出来る初心者に優しいジム、オーナーさん、お会いしたヤマレコユーザーさん、楽しかったです。ありがとうございました。



2015年5月26日 (火)

我が初アウェイ

東京に行く機会があり、町田に足をのばした。

アウェイでレノファの後押しをするために。



町田のホームスタジアム周りはとても盛り上がっていた。これから首位のチームを迎え撃つ興奮が感じられた。イベントも開催され、多くの青いユニホーム姿の人々が楽しんでいる。相手チーム町田のサポーターを盛り上げている山口の強さが誇らしい。



さて、競技場に入るとするか。外を回って一番奥がアウェイ席だった。電光掲示板の真横なので内容を見ることができない。アウェイ感を盛り上げてくれるなあ。維新公園はどこからでも掲示板が良く見える。特にアウェイ席からは真正面に。このお人好し感が好きなところなのだけど。

ともかくアウェイ席は良く埋まっていた。Twitterで確認する限りではレノファの活躍が気になる山口県にゆかりのある人々、レノファサッカーを楽しみに来た目の肥えた上位Jクラブのサポーター等々で良く埋まっていた。良い風景、嬉しい。



ゲームは序盤から町田の厳しいプレスで思うように展開させてもらえなくピンチを何度も凌いで前半はスコアレスで終了。来てくれた在京の息子に、レノファはサポーターに向かって攻める後半に期待出来ることを話す。期待の後半、厳しく押し込んでいた町田に先制されてしまう。競技場が沸く。敵ながら良い雰囲気。ここがアウェイであることを感じさせる。これを味わうこともサッカー観戦の醍醐味。

これが維新ならメイン、バックからも拍手の渦で後押しするのでアウェイ席からは迫力を感じるだろうなあ、と、維新の雰囲気が懐かしくなる。それとスタジアムに響き渡る吉永達哉さんのカッコいいMC。そういえばスタグルのYASSカレー待ちの吉永さんに「一緒に頑張りましょう」と握手して貰ったのだった。

後半はサポーター席に向かって勇気付けられた(と信じている)のと、疲れから若干プレスが緩んで来たのか、レノファらしい繋ぐサッカーが威力を発揮し始めて惜しい場面が何度かあったが、結局0対1で敗れた。が、とっても締まった良いゲームだった。

お疲れ、レノファ戦士達、次の下関戦でも一生懸命拍手で後押しするからね。




2015年5月21日 (木)

たまたまの機会に

25日は東京で用件がある。

前日に東京入りすれば、町田でレノファに会える。

東京在住の二男に聞けば、観に行っても良いという。

参戦決定、対町田ゼルビア!初アウェイで観戦無敗記録を更新するのだ!

山口愛で楽しきレノファのパスサッカーパフォーマンスを後押し。


2015年5月17日 (日)

嬉しさのあまりプチ観光案内

本日は維新スタジアムでホームゲーム。休日の朝から行く気満々。

結果は盛岡グルージャを4-0で圧倒。JFL加入以降のホーム観戦無敗記録は14勝1分0敗で無事更新できた。



試合終了後、選手達の出待ち風景を眺めてみた。すっかりとプロチームになったと感じさせてくれるこの風景、選手達とのほっこりとした雰囲気、休日夕方に元気が貰えて明日から頑張ろうという気持ちになれる。合間に盛岡のバスが出て行ったけど、温かい拍手と声援で送り出した、このオレンジ色の暖かさが大好きなのである。





最近、他県、他チームのサポーターからも注目を浴びている?ようなのでプチ観光案内をひとつ。

山口名物はレノファ以外にもあり、鉄ちゃんや家族連れなら「SL山口号」もお勧め。新山口駅から出発し、昼前に湯田温泉駅に着く(15分位)。前日からなら津和野まで足を伸ばして17時過ぎに湯田温泉駅に帰って来る。ただし、競技場近くの大歳駅にも矢原駅にも停車しない、それと全席指定なので要予約。



湯田温泉にはホテルも居酒屋も沢山ある。山口市民にとっても「飲みに行く」場所なのである。三方を海に囲まれた山口は魚が美味い。文学好きの方には「中原中也記念館」がお勧め。付近には幕末維新の跡地もあり。30分位歩けば維新スタジアムに行ける。田園風景とSLの汽笛が楽しめる、オレンジ色の熱くも暖かい維新劇場へ「おいでませい」。




2015年5月16日 (土)

癒しの休日風景

公園のサッカー場で地元プロチームの練習を見ながら明日のホームゲームの事を想う。

この田舎街が手に入れた嬉しくも癒される風景。

地元チームのレノファ山口とサポーターの頑張りで手に入れたJリーグ100年構想の恩恵。

山口にJリーグを目指すチームが結成されて10年目。決して平坦な道ではなかったものの手に入った幸せな風景。



この大切な環境を守って行くためにはスタジアムに足を運んで拍手声援で後押しをする事。これが我々に出来る事。楽しみながら出来る事。

ところで午後からはボルダリングジムに参戦。もうすぐ始めて4周年。今ひとつ上達のスピードは鈍いけれど、「継続は力」、少しずつでも進化を志向して楽しみながら、「優雅に枯れた技を持つおじんボルダラー」になりたい。と思いつつも今日もあまり進歩は見られなかったが、まあ良いか、、、



さて、明日のレノファは維新スタジアムで盛岡を迎える。明日も観戦を楽しもう!

2015年5月10日 (日)

レノファtweet中継とコラボで壁登り

連休のJリーグは何処も中2〜3日の連戦で選手達は大変だけど、おらが街のレノファ山口は絶好調で1敗だけの首位独走中!

本日は福島でアウェイ。ホームゲームの無い日がとても寂しい。

そこで今日は昨日に続いてボルダリングしながらtweet中継を愉しむ事にして早めの昼食後LABOへ出動。

いつも通りピンク(7級)で身体を伸ばす。レノファの試合開始までの20分でレノファカラーのオレンジ(5級)全課題1〜10をアップ+筋トレとしてこなす。

アップ完了したところで試合開始、レノファオレンジの炸裂を祈念して青(3級)に挑む。

登ってはtweet中継をチェックする。20分の内に立て続けに福満選手と岸田選手が得点。

気を良くして登るも青課題の攻略出来ず。なので赤(4級)課題やコンペ白課題をこなして行く。小学生の常連ちゃんを励ましたりしながらのtweet中継チェック。ゲームはさらに福満選手が追加点、1点返されるも更に岸田選手が突き放し。

登る方は疲れて来たので試合終了で壁登りも終了しようと思っている間のロスタイム5分で福島の2点反撃で1点差、、、

ロスタイムに強いという話は聞いていたが、福島恐るべし。でも、何とか逃げ切って勝利!連戦で選手はお疲れだったのだろう。ナイスファイト!

今日は久々にボルダリング連戦にして筋肉がついて行けるか心配だったが、快調であった。2時間程度なら連チャンも問題無しのようである。

tweet中継とのコラボ、楽しめた。tweet中継で応援のレノファサポさん達、お疲れ様でした。

アウェイ日にはまた、やろう。


2015年5月 9日 (土)

青3級

今日は朝から休日、張り切ってボルジムLABOに出動。

ピンク(7級)で身体を伸ばしたりしながらのアップ。最近、腰が重い感じがあるので、片手でホールドを掴んで重力にまかせて身体を伸ばせば気持ち良い。

次は赤(4級)をこなして行く。もう身体がムーブを覚えてて自動化しているのでかなり楽勝。

身体がこなれてきたところで青(3級)の10番へ。以前、完登したのに出来ない。3級に壁あり。中々届かない。

「諦めない気持ち」が大事なのだが、

まあ、後は筋トレのつもりで、オレンジ(5級)を登って終えるか。

(ルート写真は青10番)


2015年5月 8日 (金)

明日は休日、◯◯に行くぞっていうのが良いかも

この連休は仕事もしたけど、合間には「明日は休日、維新に行くぞ」ってTwitter見たりして気持ちを盛り上げてレノファに逢いに行っていた。こうして盛り上げて行っては思いっきり楽しむことが出来た。

そこで、このところ今ひとつ乗りきっていなかったもう一つの楽しみ事であるボルダリングにも応用してみてはどうか?と思った。

YouCubeでIFSCのボルダリング世界選手権のスーパープレイなど観て気持ちを盛り上げといて「明日は休日、LABOに行くぞ」って壁登りを楽しんで来ますかネ!

2015年5月 6日 (水)

維新スタジアムには幸せそうな笑顔があふれていた

ゴールデンウィーク最終日、おらが街のサッカーチームレノファはJ3リーグ首位を「継続」している。

今日は、あの元日本代表でブンデスリーガだった高原選手を擁するプロサッカー先進地の神奈川県から来た相模原が相手。

J3の2位で、手強い相手。今日負ければ順位が変わってしまう。

しかし!本拠地「維新記念公園陸上競技場」でレノファは負けないのである。

今日は5,212人(開幕戦に次いで歴代2位)が見守る中、9番エース岸田選手を前回警告により欠いた状況でレノファは8島屋選手の2得点で見事なシャットアウト勝ちを収めた。この結果には17キーパー一森選手のファインセーブが大きく貢献していることは、いまさら言うまでもない。

ゴールキーパーからころがし出されたボールを軽快なパスワークで相手の守備陣形をかわして行く、いつもの楽しいサッカーを多いに楽しませてもらった。

これで、昨年のJFL時代の7勝1分0敗、J3になってから6勝0分0敗の合計13勝1分0敗と、観戦無敗記録を更新することが出来た。

「おらが街のサッカーチーム」のカテゴリーで書き始めて、こんな凄いことになるなんて、少しだけ驚いている。少しだけ、というのは、JFLのセカンドステージからレノファのサッカーが素晴らしくなって来たと感じていたから密かな期待をしていたのだ。

今やレノファは国内のサッカーファンから注目されてきている。


こんな楽しいサッカーを見せてくれるプロチームが近所にあるなんて嬉しいねえ。


« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31