無料ブログはココログ

山情報共有サイトのヤマレコ

« 課題を持って壁登り | トップページ | この山口に嬉しい現実 »

2015年7月26日 (日)

オトンはこれからもサッカー場に行くのだ

本日のおらが街のレノファ山口FCはアウェイ、相模原とギオンスタジアムで対戦。夜間照明施設の無い「あそこ」で猛暑が予想されている中、何と13時からのキックオフ。大丈夫なのだろうか、という状況。

でも、若い選手が多くて、しかもパスで繋いで効率良く攻めるレノファに分があると見ていたのだけど、その通りだった。3-0の完勝。初めてレノファのゲームをじっくり生で見た人達から、賞賛のtweetが寄せられていた。

それだけでも楽しいのだが、レノファな人々からのtweet嵐が楽しくて、状況が想像できて実に楽しかった。現地に行けなくとも十分行ったつもりになれて楽しかった。レノファな皆さんに感謝。

このように、地元のサッカーに夢中なわけであるが、更にサッカー観戦の楽しみを深めたいと思い、昨日市図書館で一冊の本を借りた。「オトン、サッカー場へ行こう!」吉崎エイジーニョ著(新潮社)。

タイトルに惹かれた。読んでくれと主張してた。一気に読んだ。サッカー観戦へのアプローチは違えども、「オトン」の気持ちが良くわかる。自分にも社会に出たサッカー好きの息子がいる。レノファの選手世代くらいの。そのあたりも意識しながら、地元に愛するチームがあり、それを応援し、チャレンジの過程をチームと共に味わうことで元気になれる。そんな「オトン」の姿を自分に写したりして読み進めていた。

未だ自分は一線を退くに至らないまでも、その時が近い自分にとって、この先夢中になれることって何だろう、などと考えてしまう。ともすれば無気力に陥り、喜怒哀楽を置き忘れてしまう。

これまで、記してきたように、色々あがいて来た。走、坐、(登)攀、どれも集中出来る素晴らしいものだけど、ストイックに取り組むもの。こればかりでは、精神的にはしんどい。

レノファの観戦では喜怒哀楽をストレートに感じることが出来る、これは自分にとって、とても大切なことと気づいた。この本が語っているように、正にほぼ二週間に一回それが訪れる。毎日ではしんど過ぎる。二週間の間に余韻が味わえるのが丁度良い。とても元気になれる。それが走・坐・攀にも良い影響を与える。勿論、仕事にも。

この本で描かれる「オトン」には、とても共感できて少し切ない気持ちにもなったけど、地元に愛すべきサッカーチームがあることの幸せをかみしめつつゴール裏で立ちっぱなしで叫ぶ、歌う、飛び跳ねる体力を常に養う為にトレーニングを楽しみたいと思う。

いつもは、ひとりスタジアムに出かけるのだけど、今度、息子とサッカー見に行きたいな。


« 課題を持って壁登り | トップページ | この山口に嬉しい現実 »

おらが街のサッカーチーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1694998/60904586

この記事へのトラックバック一覧です: オトンはこれからもサッカー場に行くのだ:

« 課題を持って壁登り | トップページ | この山口に嬉しい現実 »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30