無料ブログはココログ

山情報共有サイトのヤマレコ

« レノファの里、山口市矢原から鳥取へ | トップページ | 8.15維新、次へのステップ »

2015年8月12日 (水)

鳥取、その翌日

昨日のガイナーレ鳥取FC戦、我が第2回アウェイの洗礼は負け試合になってても仕方ないところをドローにして、「悔しくもホッとしつつも楽しかった」、という訳の解らん感想を残しつつホテルで朝を迎えた。

さて、ホテルの朝食指定はしていない。目的は「スナバカフェ」でのモーニング。チェックアウトして駅前に歩いて行く。

着いてみると目に入ったのは「待ち行列」。


たかが朝飯に並ぶ根気なし。眺めるだけにして、有名になったきっかけを作った相手先、「スタバ」に向かう。

駅の中にあるのかと思ったら、少し離れたところにドライブスルーを構えたお店。





こちらはゆったり、月曜日の出勤時間帯が終わった頃、こちらも観光客が多い感じ。

腹ごしらえを終えると、サッカー観戦の次に行きたかった所、「砂の美術館」を目指す。駅前バスターミナルで行き方を尋ね、ループ麒麟獅子という、循環バス(300円)に乗って砂丘前にある其処へ行く。

茶圓(ちゃえん)勝彦さん、ある日の日曜日の朝に、たまたまテレビのドキュメンタリーで見た砂像彫刻家の作品とその製作過程。砂と水で作る砂像、難しいと言われる人物像。そのクオリティの高さに、彼がプロデューサーとして多くの作家と共に作成した実物にお目にかかりたく、鳥取に行く時は必ず行くと決めていた。

実物を見て、感動した。圧倒的スケールで作品群が迫る。これで600円は安い。







堪能して、道路の対岸の砂丘入口へ。久々に訪れた広大な景色。地元の秋吉台を砂にした?ような、その風景に、ハイドレーションシステムを背負ってトレランをして見たいと思ったのは私だけであろうか。ただし真夏では死んでしまいそうなので、秋口にしたい所。





昨日といい、今日といい、鳥取、イイね。

しっかり堪能して、再度、循環バスに乗り鳥取駅へと向かう。

午後からの特急。昨日、車販も自販機も期待出来ないことを学習してたので駅コンビニでお弁当とビールと水を買い込んで乗車。

特急スーパーおきで山口直行。帰りもオーシャンビュー。途中山側にて大山も姿を見せてくれた。

2日間、充実の旅だった。そして、無事「レノファの里」矢原に帰着。

おらが街のレノファ山口FC、およびレノファサポーターを歓待してくれたガイナーレ鳥取FCに感謝して今回の素敵な旅を締めくくることにする。

« レノファの里、山口市矢原から鳥取へ | トップページ | 8.15維新、次へのステップ »

あれこれ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1694998/61131923

この記事へのトラックバック一覧です: 鳥取、その翌日:

« レノファの里、山口市矢原から鳥取へ | トップページ | 8.15維新、次へのステップ »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31