無料ブログはココログ

山情報共有サイトのヤマレコ

« オトンはこれからもサッカー場に行くのだ | トップページ | レノファの里、山口市矢原から鳥取へ »

2015年8月 1日 (土)

この山口に嬉しい現実

これが本当に山口の風景である、という事が未だ夢のような気がする。



でも、これは嬉しい現実なのだ。

これだけ熱く応援できるチームが我が街にある事。



これからも大切にしたい。

7月29日水曜日。初めての平日ナイトゲーム。

梅雨明けの今日、夏休みを楽しむ家族連れが早くから主催者の山口市、それにコラボした福島市が配布する景品に並ぶ、様子から既に1000人は超えている感。これがキックオフ3時間前。


更に仕事を定時に終えて駆けつける人々。19時のキックオフ時にはSメインのホーム側は一杯。バックスタンドもかなりの入り。ゴール裏の座席もほぼ埋まり、ディスプレーボード前の芝生ではシートを広げた家族連れが憩う。

とても良い風景。アウェイチームには威圧感を与え、レノファには暖かく包み込むように絶え間なく前半は押し続け、後半は引き込み続ける、この「維新パワーシステム」が稼動を開始する。

灼熱のギオンスタジアムで闘って中2日で臨んだこの日、福島のプレスに苦労した感はあったものの、パスで上手くかいくぐり、チャンスを着実に生かして前半に島屋選手が鮮やかに先制。

そして後半、皆んなが期待していた岸田選手がJリーグ記録となる9試合連続得点記録を達成してスタジアムは大歓声に包まれた。おめでとう岸田選手❗️




改めて記録達成を確実に実現出来るレノファの華麗なパスサッカーを誇らしく感じた。

後半もロスタイム、が、レノファは守りに入らない。攻め続けて平林選手のだめ押し。観客と選手達が一体となる維新パワーシステムに妥協は一切なく今日も平均得点を維持して結果3-0の快勝。


平日開催で4715人、今シーズン3番目の入り。平均3682人。着実に観衆が伸びて行く。ほぼ2週間に1回訪れるお祭り空間。8月15日は帰省した家族連れも含めて更に観衆が伸びそうだな。


ここで8月15日琉球戦に向けて交通手段などのご案内。

維新までは公共交通機関がオススメ。


JR山口線で来れば、新山口駅から大歳駅まで13分、大歳駅から徒歩14分、つまり新山口駅から約30分。18時30キックオフとして、間に合う便は新山口駅発が
16:18、16:45、17:31、17:53の4便。
17:12発もあるように見えるが、これは特急なので大歳駅を通過するため乗ってはダメ。
17:31は快速で大歳駅までノンストップなのでオススメ。

大歳駅からは駅前の細い道を左に進行、道なりに山口線の踏切を渡り信号交差点を右へ県道沿いに進むとスタジアムが見え始める。

県道の横断は信号交差点か維新公園手前の地下道のご利用を、、、

帰りは大歳駅発が20:57、21:23、21:50、22:15(最終)。

新山口駅からはバスもあり、
キララバスナビ
が詳しい。

宿泊するのなら、湯田温泉が良い。温泉旅館からビジネスホテルまで色々、山口市民の飲み処でもあり便利で楽しい。交通手段はバスなら湯田温泉から競技場前まで7分でスタジアムの真ん前。徒歩でもゆっくりで40分前後。

以上、参考。8月15日の琉球戦は大いに楽しみたい。レノファのテーマソング(地元のシンガーMIKKOさん作)の発表もあるしネ。

« オトンはこれからもサッカー場に行くのだ | トップページ | レノファの里、山口市矢原から鳥取へ »

おらが街のサッカーチーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1694998/60978610

この記事へのトラックバック一覧です: この山口に嬉しい現実:

« オトンはこれからもサッカー場に行くのだ | トップページ | レノファの里、山口市矢原から鳥取へ »

最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31