無料ブログはココログ

山情報共有サイトのヤマレコ

« そういえば昔は公共交通が主役 | トップページ | 今年も始まった、今日はハセツネカップの日 »

2015年10月27日 (火)

簡単じゃないさ

10月25日、大事な一戦、対AC長野パルセイロ。

この日は維新百年記念公園全体が県のイベント「きらスポ2015」、19時からの試合もそのひとつとして開催された。

陸上競技場は午前から高校陸上が行われていて15時30分から設営に与えられた猶予はほんの1時間。大変だろうと思っていたが、多くのボランティア参加により1時間かからずに終了。良かった良かった。

腹ごしらえにスタグルへ行き、そこで隣になった年配の長野サポさんと少しお話をする。車で来たとのこと。泊まるのか聞いたら試合後京都の親戚まで行くとのこと。大変そうだけど、気合い入ってるなあ。「よろしくお願いします」なんて曖昧な挨拶もそこそこに、いつもの正面ゲートへ。今日も一般入場の列は長く、すっかり定着した風景になってきている。

久々のホームゲームに今日は気合が入っている。腹の底から声を出して行くつもりで。練習で選手入場からヒートアップ。アウェイ側は少人数ながら精鋭部隊が調和のとれた見事な応援を見せてくれる。負けられんぞ。

練習が終わってキックオフ前にもう恒例になった地元シンガーソングライターMIKKOさんが歌う「スタートライン」がかかる。気分は盛り上がって行く。

そして、キックオフ。

長野は前がかりのプレスをかけて来る。いつものようにゴール前からのビルドアップをさせてくれない。そこで長いボールを飛ばして攻め込み、良くチャンスを作り出している。上手く対応出来てるなあ。でも、肝心なところでパスが逸れる場面がちらほら。その長く出そうとする一森選手からのフィードを長野の選手が大きくヘッドで返してそこから技ありのループシュートがゴールへ。

うーん。先制されるのはきついなあ。

しかし、前半最後あたりで福満選手の狙い澄ましたミドルが炸裂!で、とっても嬉しい同点。いやあ、キレがいいなあ、ここのところの福満選手。

同点のまま、後半へ。鋭い攻めを繰り返すレノファは惜しいシュートシーンが何度もあったが、決めきれず、その後のワンチャンスを長野がものにしてゴールしてしまった。そんなもんだよね。今回もAT4分だったけど、何も起こらず、結局このまま終了。

選手達がゆっくりとゴール裏に向かって歩いて来る。我々は「レノファ山口」コールで迎える。

悔しい、とっても悔しい。でも、レノファはしっかりチャレンジしてたと思う。相手の出方に対して流動性が増して来たと思う。さあ、前を向こうよ。次じゃ次!

挨拶が終わった選手達を「俺たちと共にJ2へ行こう」コールで彼らの姿が見えなくなるまで送り出す。いつもの光景、悔しくも、悲しくも、大好きな光景。悔しさ一杯の選手達をコールで鼓舞するのだ。きっと次に繋がる。また、良いサッカーをして欲しい。ただ、それだけ。

簡単じゃないさ。でも、面白いじゃないか。J3のレベル、捨てたもんじゃないよ。この痺れるようなゲームの日々を楽しめる幸せを噛み締めよう。山口には、レノファがある。その素敵なサッカーがみんなを魅了してこの田舎が大いに盛り上がる。







また、次週、素敵な時間が訪れる。11.03、熱く後押ししよう!
追伸:
列車でGO!レノファでは、県庁駐車場(休日無料開放)からバスで維新スタジアムをご案内中。11月3日、藤枝戦にGO!

« そういえば昔は公共交通が主役 | トップページ | 今年も始まった、今日はハセツネカップの日 »

おらが街のサッカーチーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1694998/62245238

この記事へのトラックバック一覧です: 簡単じゃないさ:

« そういえば昔は公共交通が主役 | トップページ | 今年も始まった、今日はハセツネカップの日 »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31