無料ブログはココログ

山情報共有サイトのヤマレコ

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月

2015年11月23日 (月)

ついに!

鳥取駅に着いたのは12時過ぎだった。

往路は新山口を7時30分少し前のエバンゲリオン仕様の「こだま」。着く駅毎にカメラを構えるホームの人々。縁起の良い列車に乗ったものだ。






別にこれに乗る為の「こだま」選択では無かった。50歳以上に振舞われる格安切符。これに陰陽連絡特急を組み合わせて最終列車で帰着する弾丸ツアーを挙行したのである。

今日は良いことがありそうだ、と思っていた。

列車は少し遅れて鳥取駅に到着。直ぐに駅前に向かう。シャトルバス乗り場は夏のアウェイで認識済み。

車中、乗り合わせた、車で来たというレノサポさんとレノファ談義を楽しみながらスタジアムに向かう。

到着はキックオフ30分前を切っていた。急ぎのど飴を舐める。こうすれば出だしに咳き込むこと無く歌い叫ぶことができそうと思ったから。

そして、最終節の大一番が始まった。我々の夢を載せて。

と、言う間に失点。うーん、ここのところの良く無いパターン。でも、今日は楽しむ事にしよう。負けても入れ替え戦が楽しめるのだから。町田の事も考えない。今、目の前のことだけ、、、

今日は岸田選手が、いつもにも増して相手に突っかかっていてハラハラした。が、こんな時の岸田選手は気合が入っている証拠。決して空回りはしないのだ。

案の定、同点弾を決めてくれた。さらに絶妙の抜け出しで逆転?と思ったところに相手のファウル。2枚目のイエローを誘って退場に追い込んだ。

良い形で攻めていると思っていた矢先、カウンターからフェルナンジーニョに見事な逆転弾を決められてしまう。

一瞬、落胆のため息。しかし、ゴール裏は挫けたりはしない。そう、声を出して引き込む。もう結果なんて考えず、選手達に感謝を込めて。

コーナーを得た時に岸田選手が我々に向かって煽ってくれる。嬉しかった。やる気満々じゃないか。

時計は刻々と45分の位置に向かう。とにかく終わるまで声を出し続ける。ここまで連れて来てくれてありがとう。

頑張れ!と思って夢中になっている間にゴール!喜ぶ選手達。直後のタイムアップ。倒れ込む選手達。と、オレンジサイドから歓声が。ん?どうした?近くの人に聞いてみたら、町田が引き分けたという。

やった、やった!

優勝?J2昇格決定?最後決めたのは?慌ててネットを確認。スーパーサブ平林選手!

もう、何も言うことはない。ただ、ただ、嬉しい。泣けてくる。周りの人と抱き合ったり、ハイタッチしたり、握手したり。現実だ。嬉しい嬉しい現実だ。

その後、セレモニーを味わった。楽しんだ。





これで、関門ダービーが実現するのだ。来季は本城に列車で乗り込むのだ。今日の鳥取以上にジャックするのだ。

シャトルバスに乗って鳥取駅に帰ってドトールに直行。我が戦友iPhoneと自分に充電をしたかったのだ。注文口でユニフォーム姿の私を見てスーツ姿のビジネスマンが「勝ちましたか?」と話しかけてきた。引き分けだった事、終了間際の同点劇で町田も引き分けたために優勝、そしてJ2昇格がかなった事を説明した。彼は自分が大宮のサポーターである事を打ち明けて祝福してくれた。こちらも大宮のJ1復帰の祝福で応えた。とても良い一瞬にホッコリと暖かい気持ちになった。これだから止められない。

コーヒーとお菓子でもって暫く脱力。iPhoneも充電。未だ冷めやらぬレノファtweetを眺め、返しながら。iPhoneバッテリーがフルになるまで。

夢のような結末だった。レノファらしい、と言いたいけど、余りにも出来すぎたストーリーに未だ信じられない感の余韻を心から楽しんでいる。今の気持ちのままに書きとめておきたかった。

おお〜レノファ、おお〜レノファあ、俺達と共にJ2へ。行けるんだよなあ!

祝J3チャンピオン。
祝J2昇格。

2015年11月14日 (土)

とことん付き合うさ

今日の維新、最終戦。正午キックオフなので、朝から人の出が好調。シーズンパス先行入場(9時45分)の少し前に到着した時には既にかなりの列が出来ていた。



最近は本当に立ち上がりが早い。天気予報は雨だったけど小雨程度で済んでいるからだろうか。すっかり県民に定着して来ているのだと思う。昨年もかなり盛り上がったけど、ここまでになろうとは想像できなかった。

一般入場が始まると、スタジアムに続々と人々が入って来る。やがてゴール裏の座席が埋まり、メインスタンドもSメイン、屋根下では一番リーズナブルなこの席が埋まり、アウェイ側にはみ出す。中心付近のSA以上の席はぼちぼち。このパターンだと相当に入っているとわかる。



果たして後半の発表では6322人の入り。私の計算に誤りが無ければ平均で4367人。この田舎の山口県でこれだけの人々が常に集って「おらが街のチーム」を一生懸命に応援する。結果はスコアレスドローで足踏みしたけど、「山口県民のひとりとして、ありがとうと思いながら泣いていた」という趣旨のtweetを見て「そう、これなのだ」と思った。優勝はして欲しい。ここまで来たんだもの。でも、何よりも山口県にはレノファというJリーグのチームがあるのだ。誇りなのだ。





さあ、あとひとつ。振り出しで挑むあとひとつ。そう、チャレンジャーとして必死で立ち向かったあのJ3開幕のガイナーレ鳥取戦を思い出そうよ。面白いじゃないか!

参戦を決めて良かった。行かなくて後悔したくない。結果はどうあれ、この目に焼き付けておきたい。それでJRで行くことにした。50歳以上が武器になる、おとなびWEB早特の格安こだま切符を織り交ぜて。

新山口-相生 新幹線
相生-鳥取 スーパーはくと

そして、とりぎんバードスタジアムのゴール裏立見席(アウェイ)で後押し

鳥取-岡山 スーパーいなば
岡山-新山口 新幹線

7時頃家を出て、24時過ぎに帰って来る弾丸ツアー。でも、車じゃないので寝てれば良いので気楽なものだ。



当日はゴール裏に収まり切れるのか心配になるくらい、参戦表明が多い。今日の維新スタジアムでも券を販売してて結構売れているみたい。バスツアーも複数あることを聞いている。もう、勝てだの何だのでは無い。「ありがとうレノファ」と、上野監督以下レノファの志士達への感謝の気持ちであなた達のひたむきで魅力的なサッカーをただひたすら楽しみたい。

もうハラハラドキドキなんて関係ない。サポーター、チームみんなでサッカーを楽しむのだ。こんなビッグな舞台に立てることを誇りに思って。さあ、楽しもうぜ!

とことん付き合うさ。


2015年11月 8日 (日)

月曜日から気分はイイぞ、きっと

今日は朝一(10時)からボルダリングジムに一番乗り。

朝のTV番組「シューイチ」でボルダリングが紹介され、高校生の大場美和さんが出演していた。愉快でモチベーションが大いに上がった。スポーツクライミング、オリンピックに採用されて欲しい。

ジムでは、苦手のスローパーにマッチするところを克服することに集中。結局13時少し過ぎて帰宅。ここからレノファ応援tweetに参加した。

庄司選手は復帰したものの、小塚選手が累積警告で出場停止という、苦しい状況。ここで上野監督、ディフェンダーの宮城選手をフォワードに起用するという「宮城大作戦」を起動。前回の維新での追い上げの続編的なダイナミックな戦略。これにきっちり応えてゴールを決める宮城選手は偉い!最初のオウンゴールでの得点にも影響力を発揮してたのではないかと思っている。

さらに岸田選手が得点。さすが、というところ。そして嬉しいディフェンダー代選手のレノファでの初ゴール。いつもピッチに入る前やコールに応えての深いお辞儀やひたむきなプレーが大好きなだけにゴールtweetを見た時はとても嬉しかった。

レノファの勝ち負けで一週間の気分が随分と異なる。どんどん思い入れが増している。これがJ2に上がればどうなるのだろう?今日で2位以上は確定。正式にJ2への挑戦権を得たことになる。

さあ、あと2戦、ひとつひとつ噛みしめるように楽しんで行こう!

リーグ優勝という栄冠目指して。

2015年11月 7日 (土)

駐車場難民にならない楽しみかた

山口の維新百年記念公園は色々なスポーツ施設や児童公園が在り、そのためにデーゲームでは特に駐車場に問題が出てくる。

20151103_135159

有料駐車場(1,000円)が確保されているが、先日の藤枝戦では満員になってしまった。このため、公園内の路上や周辺の商業施設に駐車する車が居たようである。レノファもかなり苦慮したのではないだろうか。

11月14日のU22戦では、近くの保健センター駐車場が確保されたようであるが、終了後の混雑の中、脱出するのはかなり大変だろうと予想される。

そこで、提案。山口の駐車場は結構安い。100円/1時間だったり、500~1,000円/日だったりする。県庁は特別な催し等が無い限り、休日は「開放」されている。有料Pは山口市中心商店街や、新山口駅周辺、防府駅付近にもある。ここに駐車してバスや電車で維新スタジアムに出かける。帰りも駐車場からの出場待ちしなくてもよい。商店街等は買い物をしたら1時間無料券をくれたり、レノファのチケットを提示すればお得なサービスをしてたりする。面白いものでは、ユニフォームを着てたらお店の前で万歳をしてくれる(勝ったときだけ?)なんていうものもある。デーゲームの後に、観光含みでゆっくり楽しんで帰る。

20151103_083858

というのはどうでしょう。
列車でGO!レノファの「維新スタジアムへ!駐車場&バス・鉄道案内」を検討してみませんか?

2015年11月 4日 (水)

これからがスタートライン

サッカーシーズン中はすっかりレノファの話題に終始しているこの頃である。

今日11月3日はJ3優勝に向けて大切な一戦だったけど負けてしまった。安定した勝ち方で今まで2勝していた藤枝に。しかも、一時は3-0まで突き放された。

今日の維新スタジアムはゴール裏からメイン、バックスタンドにそれぞれ声かけが行なわれ、双方から満場の拍手で応答があり6500人を超える観客からの熱いコールと手拍子で囲んで後押しという最高の雰囲気になっていた。



しかしレノファの選手達はこの雰囲気に応えようと気持ちがカラ回りしてたのじゃないかと、技術的戦術的なことに詳しくない私は単純にそう思った。いつものレノファじゃないようで、正直、少し辛い気持ちになって。

でも、後半も残り少なくなった頃に小池選手の見事な初ゴールが入ってからレノファが生き返った。そして岸田選手が完全に追加点を蹴り込む、という決定的な場面でのキーパーのファウルに一発レッドカードとPKが与えられた。既にアディッショナルタイムに入っていたがキーパー交代に手間取って時間経過したためか、岸田選手のPKが決まってもさらに攻める時間があり、同点?というところまで追い詰めた。しかし、無情のタイムアップを迎えて万事休した。

そう、それまでカラ回りしていた懸命のプレーが実を結んだ。これは大きかったと思う。そう、挑戦者が盛大な後押しに一生懸命サッカーすることを楽しんで、これに応える。ただ、それだけ。見ててワクワクするような「いつもの」連動サッカーを見せて欲しいのだ。今回もタダでは転ばず、いいところを見せてくれた。だからレノファはかわゆい。これで次も行きたい!と思わせてくれる。それで充分。ただ、次は最初からそうして欲しい。それが望み、それだけ。

これまでのことを振り返りみれば、、、

昨年JFLに上がって維新スタジアムでホームゲームが常時開催されるようになってから、子供が巣立ち、カミさんはサッカー観戦に興味なし、というお家の事情もあって、ひとり維新の住人に定着するところとなった。そうしてメインスタンドから見守るようになった。やがて、念願のJ3リーグに参入出来て嬉しくなってさらにレノファと維新への愛着が増していった。

今シーズンからは勝ったり負けたりするとしても、とにかく、ホームゲームの度にサッカー観戦を楽しみきろうと思った。それで、Sメインの年間チケットを購入、屋根下の頂上付近から手拍子しながら見守ることにした。

もちろん、気持ちは熱く。

レノファの快進撃とともに、さらに熱く後押ししたくなった。そういう訳でひとりでもゴール裏に行けば思いっきり歌い叫ぶことが出来そうだと思い、メイン側から数えて3ブロック目辺りの芝生との境目を居場所にして後押しの日々を送るようになった。

ちょっと、つまらなくも長い呟きを入れてしまったけど、何が言いたかったかというと、、、

レノファがここまで活躍出来るなんて、失礼ながら思ってもみなかった。快進撃に盛り上がって、話題になって、とうとう「優勝」が目の前に見えてきた。しかし、
そこから「勝ち点の貯金」を使い果たしてしまってジリジリとした緊張感の今に至っている。

でも、ここまで来れたのは、我々の後押しに上野監督はじめレノファの選手達が凄く頑張ってきたからこその今なのだ。

これは稀有な経験ができているということなのだ。とても喜ばしいことではないか!

試合平均の観衆がJFL時代のほぼ2倍という凄いことになってる(200%増なんてJチーム唯一)こと、

J3チームながら「サッカーキング特集」をプレゼントされたこと、

そしてこれだけ散財してなお首位でいられて自力優勝の権利があること、

繰り返すが、これらも我々の後押しにレノファの選手達が一生懸命応えて成してきたことなのだ。

そんな、

「魅力一杯のおらが街のレノファが闘うJ3のゲームが常日頃に地元で楽しめること」

がとても大切にしなければならないことなのだ。その中でトップだなんて、とても贅沢な楽しみの渦中に居るのだ!

だから「今」を楽しもう!
それを維新スタジアムで共有しよう!

これからが「スタートライン」

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31