無料ブログはココログ

山情報共有サイトのヤマレコ

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年12月

2015年12月17日 (木)

嬉し楽しい優勝パレードのカオス

山口って、何もない、静かなところが良いところだと思うようにしていた。一昨年までは。

そこからレノファの快進撃が始まり、JFLからJ3へ、そしてJ3優勝とJ2への昇格決定へと一気に駆け上がり、そして、今日を迎えた。

12月13日、日曜日の朝10時過ぎに家を出て自転車をこいで山口の中心商店街に行った。

目的はレノファ山口FCのJ3優勝を記念したパレードと祝賀イベント。井筒屋の近くでは、抽選券の配布を待つ列が既に随分と並んでいた。立ち上がりが早い。続々とオレンジな人々が集まっている。なんか凄いことになりそうな気がしていた。



このワクワクウキウキする雰囲気。子供の頃、商店街を通ると感じていた雰囲気に似ている。そんな中、祝勝ムードの商店街を往復してみる。レノファTシャツやユニフォームを着て幸せそうに歩いている人、人、人。こちらも幸せな気分に満たされる。

そして、パレード出発点の「どうもん広場」へ。既に大勢の人々が集まっている。今日は参加型のパレード。選手達に続いて歩くことが出来る。ここでジャンバーを脱いでユニフォーム姿になり、商店街の通路に並ぶ。見える先はオレンジの人並みで埋まっている。素敵なカオス。でも、「レノファという共通項」で自制されている。商店街の放送はレノファの公式往復歌「スタートライン」が流れる。中々難しい歌だけど、皆んな口ずさんでいることが愉快になって自分も口ずさむ。



時間が来てスタート。チャントを歌いながら歩いて行く。混沌な眺めながらも整然と進むこの不思議なパレード。凄くて素敵で、なんといっても「楽しい」「嬉しい」歩く人々の笑顔に見送る人々の笑顔。ここは山口なのだ。レノファの優勝パレードなのだ。幸せを噛み締めながら、ゆっくりと歩く。



井筒屋前の特設ステージ前に到着。ステージを囲む人、人、人。県知事、市長、県議の挨拶。皆んな祝福している。







スタジアムMC吉永さんの軽快な司会進行で祝勝会が進んでいく。そして、サプライズの発表。

サプライズ1
レノファレディースを本格立ち上げ、なでしこリーグを目指す。女子サッカーの繁栄を祈る。田中陽子選手もいつか帰って来るかな?現レディース選手の挨拶。頑張って!

サプライズ2
新ユニフォームの発表。サイドにエンブレムにも入っている国宝五重の塔を炎のイメージにした黒い縁取り、真ん中に縦のライン。キーパーは迷彩模様をあしらった守り切るというメッセージがこもったもの。カッコいい。コリャまた、散財必至、嬉しい悲鳴(笑)。



そして、岸田選手の挨拶。選手達の契約更新の有無が発表されて行く中、彼の去就が発表されず、レノファファミリーの人々はやきもきしていた。ここで「来年もレノファでお世話になります」発言に歓声が起こり岸田コールが発せられた。良かったあ、嬉しいヨ。来年も熱く結果を出してネ!



その後、退団選手の挨拶、代選手と小塚選手。

代選手も小塚選手もレノファの優勝と昇格に大きく貢献してくれたので、来季も居て欲しかった。寂しいけど、苦しい時は山口を思い出して頑張ってくださいね。

その後、抽選発表などがあり、締めは「餅まき」。これはネットで話題になってたけど、イベントで餅まきは山口以外では一般的ではないのだね。安全のために最初に子供達を前に出して、優しくまいた後に、大人向け。これだけの混雑だったので、皆んな自制していたようで混乱なく終了した。一個もゲット出来なくて残念だった。

公式発表は2万人、その虚実はともかくとして、実に楽しい日であった。

そうして、あっという間に、楽しい、楽しい時間が終了した。この山口の、レノファファミリーの「ほっこりオレンジな」雰囲気は独特のものだろうなあ。終わった夜も心はポカポカと暖かかった。レノファファミリーに居れて幸せだあ。

2015年12月 6日 (日)

とても久々にボルダリングの話題

とっても久々に、ボルダリングの事について。

おらが街のレノファ山口FCの事に夢中になってて、シーズン中はこの話題ばかりになっていたけど、ボルダリングを止めていた訳ではない。それなりに続けていた。

この土曜にもジムに行って来た。最近、どうも筋肉の持久力が無いなあ、2時間も登ると腕がヘタって、簡単な課題も登れなくなる、、、以前は半日位、ジムで過ごせたのに、、、などと思っていた。



でも、よく考えてみれば、今なら楽々とこなせる課題が、以前は難しくて登れなかっただけで、今はより困難な課題に挑んでるからそうなのかも、と思い直した。とはいえ、以前は月会費を納めて平日夜も取り組んでいたので、それだけ身体が適応してたという事もあるだろう。

ともかくジムに通うことは月謝を払って習い事をしているようなもの。サッカー観戦にもハマった今は、たまの遠征費なども拠出しなければならない。

ボルダリングは継続しなければ筋力を維持出来ない。暫く離れていても、身体が覚えていて筋力の復旧は初めてやる場合よりも早く元の状態に戻せるということを聞いているが、衰えさせずに維持はしていきたいもの。

家のぶら下がり器で10分間ワークアウトトレーニングで維持を試みてみようかな。それと、ランによる体重維持もしながら。

何といっても、「継続は力」なのだ。

成果はジムで。ガンバってみるか、、、

鳥取が大好きになった

鳥取のアウェイ、2回とも行って、鳥取が大好きになった。

どちらも引き分けだったけど、あのスタグルを始めとした、スタジアム横のウェルカムな暖ったかい雰囲気は最高だった。




そして、熱いゲーム。中国地方の盟友。



夏の試合翌日に行った砂の美術館、これも最高だった。



本当、鳥取っていいネ❗️

また、行きたい。だから是非、来季はJ2復帰を。

待ってるよ。

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31