無料ブログはココログ

山情報共有サイトのヤマレコ

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月

2016年1月29日 (金)

実は山口市って昔からサッカーが盛んだった

サッカーU23日本代表のオリンピック出場決定、とても嬉しい。

そして、出場を決めた原川選手、先制点をとった久保選手の活躍。二人は共に維新スタジアムの直ぐそば、道路をはさんで対面している山口市立鴻南中学校で素敵なサッカー小僧として育ったのだ。

昨年の維新スタジアムで強く育ってJ3を際どく駆け抜けたレノファ。それと山口の盛り上がり、そして前述した代表2人の大活躍。

きっと、維新スタジアム周りにはサッカーの神さまがお住みつき賜ったに違いない。

そんな維新の里、山口市は昔からサッカーが盛んだったと私は認識している。昔は決して強いとは言えなかったけど。

私の少年時代は野球全盛の時代だった。父の仕事の関係で県内を頻繁に引っ越していたのだが、ほぼ放課後は友達と草野球をやっていた。そんな中で山口市はサッカーが盛んだったとの記憶がある。だから、ずっと山口市で育ってたらサッカー小僧になれてたのかもしれない。

高校時代は二年先輩に宮成さんという素晴らしいエースが全国大会に名を馳せた。宮成さんは早稲田大学を卒業して山口県の高校教師になられ、高校進学した息子がサッカー部でお世話になった。

その後、サッカー教員団がJリーグを目指す「レノファ」となり、山口国体の強化ということもあり、レノファの人となられた。

とても残念なことだったけど、レノファの大躍進を見ずしてレノファ苦難の時に病気で亡くなられた。

きっと宮成さんはサッカーの神さまとなって維新スタジアムの上から見守っておられるのだと信じたい。

維新百年記念公園にお住まいの神さま、どうか、これからもレノファファミリーを温かく、熱く、見守ってくださいませ。



2016年1月16日 (土)

ジムでトレーニングの成果を試す

今年から再開した10分間ワークアウトトレーニング、今のところ続いている。

ただ、肘を曲げて両足を真直ぐ前へ突き出す「Lハング」20秒からぶら下がり10秒がきつくて未だ上手くできない。
まあ、このあたりは慣れてくればこなせるだろう、、、

休日の本日は、今週のトレーニングの成果を発揮するぞと勇んでホームジムのLABOに参戦。オープン直後の10時過ぎから。いつもの常連さんが同着。土曜日のこの時間帯の顔ぶれは結構決まっている。楽しく話しながら始める。

今日の目標は3級(青)1番。意欲的にやるためには目標が大事。結果、完登できなかった。他の課題もやりながら、元気な内にと挑んだが残念。

2時間もやれば腕がヨレてくる。ここでくじけず、確実にできるはずの5級(橙)や6級(黄)をしつこく攻める。

3時間で完全にヘロヘロ。終了。目標達成できなかったけど、訓練を続けていつかはゲットしてやろう。

心地よい疲労感に包まれている今夜、体幹も含めたトレーニングを続けてリベンジしてやろうと心に誓うのである。

2016年1月 4日 (月)

やっぱり鍛えなきゃ、ネ

ボルダリングを始めて3年が過ぎ、4年目になろうとしている。ボルダーって「大きな石」っていう意味だし、まさに「石の上にも3年」というものの、この最近ひとつも上達できてる感がしない。

と、思っていながら、週一で登るばかり。確かに壁を登るのが一番だけど、今より上を目指すためにはもう、何となくでは駄目なのかな、と思う。頻繁にジムへ通えるのなら別だけど。

なら、鍛えるべきだろう、家で。

そこで、サボっていた10分間ワークアウトトレーニングの再開。ボルダリングに燃えていた頃はよく取り組んでいた。ぶら下がり健康器にクライミングトレーニングホールド「ロックリング」をぶら下げて、そのホールドに指を引っ掛けて行う。

ひと課題を1分内でレストを含めて、全10課題。ロックリングの一番上は指全体と掌一杯で掴むことが出来る、これをガバという。その下から三段の窪みがあり、一番上の段なら4本指、二段目は3本、三段目が2本指の第二関節までをその窪みに突っ込んでぶら下がる。二本指は無理としても4本指から始めて3本指を目指す。まあ、指の腱を壊さないように気をつけながら。



このトレーニング、最初は余裕なのだが、終わり辺は負荷が上がって1分内のレストではきつくなって来る。腕も充血してきて筋肉が膨らんで「パンプ」する。このパンプが鍛えることになる。これに慣れてきっちりワークアウトをこなせれば強くなっているしるし、と言えるだろう。軽く出来るようになれば次は3本指で始めるのだ。

年始からこんなことを始めたのはいいが、三日坊主にならないようにしなければネ。「継続は力」のタイトルに偽りがないようにしなければ、、、

2016年1月 3日 (日)

心鎮め、鍛え、整える

新年を迎えての1日に初詣。

年賀状の返信を出すために出かけた自転車で、近所の神社「朝田神社」をひとり訪れた。


人でごった返すことのない、静かな佇まいが良い。レノファの郷に近くて気に入りの場所。



家族の分も一緒にお参り。

そして、3日にちょっと初仕事をした後、帰る前に山口市で一番大きい「大神宮」を訪れた。





鳥居をくぐり、石段を上り、五社を巡る。ここで、おみくじを引いてみた。小吉、その語るところは、

「水の中の月の目に見えて手に取り難いと同じように心苦しみ多く思うに任せぬ事、引きつづき総て進みません。
万事控え目に信心して時の来るのをまち身を守ること。」

良きアドバイスとして心に留めることにしよう。

神社は上手くできていると思う。、先人の知恵で築かれた、凛とした空気が流れる良き環境。ここに立って心鎮める。これからも、時々訪れてそうしたい。

2日は、年末、正月になまった身体に喝を入れるために夕方から初ラン。固まりかけた腰をほぐすことも目的。
いきなりの10km。ただし、景色を楽しむようにゆっくり、ゆっくりと1時間以上かけて。走っているときはあれこれと考えても続かず、ただひたすら走りに集中できるのが良い。心と身体を鍛えることができる。

そして、心を整えるために坐るのが良いと思う。スマホアプリの「雲堂」に導かれながら。最近坐ってないので、時々坐ろうか。

ただし、心は鎮めて整えるだけでは沈みきってしまうので注意が必要だと思っている。躍動も大切だと思う。そのためにスポーツやレノファの後押しなどで心を躍らせることにしている。


何事もバランスが大切。今年は上手くバランスを取っていきたい。

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31