無料ブログはココログ

山情報共有サイトのヤマレコ

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月

2016年3月27日 (日)

今年も諦めずにATミラクル

本日はアウェイでの松本山雅戦。今年はスカパーで全中継を観ることが出来るのでスカパーの契約をJリーグMAXにしている。ということでテレビで実況を観た。

画面ではアウェイ席はゴール裏の1/3位?後は全てホーム側という厳しい環境。それでも結構オレンジな人々が映っていた。しかもビッグフラッグが狭いアウェイ席一杯に広がるという開始前の状況。熱い、感動的だなあ。

そしてキックオフ。しかし出だしから松本の早めのチェックでレノファのパスが思い通りに展開できない風、苦しいなと思っている内にコーナーから見事なヘッドを決められて先制された。1万人を超える観衆で完全アウェイ。痺れるようなこの状況の中でリードされてレノファの良さが消されている感じのまま迎えるハーフタイム。難しいな。そして後半開始。

ここで、頼んでいたトイレの修理屋さんが来訪。修理の様子を時折気に留めながらテレビを観続ける。

するとどうだ、後半からはパスの連携を立て直して攻め始めた。その内、ゴール前の混戦に持ち込むと松本側が堪らずオウンゴールして同点。思わずガッツポーズ。

更に三幸選手の絶妙なパスに岸田選手が切れ込んで、出てきたキーパーの直前でボールタッチ、そのままキーパーとディフェンスを置き去りにして、コケそうになりながらも態勢を立て直して無人のゴールにボールを送り込んだ。「痺れた」魂のこもった岸田選手のプレー。パスを出した三幸選手も素晴らしい。

その後、相手にPKを決められて同点、素晴らしいボレーを叩き込まれて再逆転を許してしまう。うーん。厳しいな。

ここでトイレ修理は終了し、修理屋さんが帰ったので、本格観戦モードに復帰。

終盤に原口選手を投入。互いの攻めが切り替わり続ける内に時間は容赦なく経過していきAT(アディッショナルタイム)4分の通知。しかし、レノファは諦めずにパスを繋ぎ続ける。

そして、三幸選手がゴールライン手前まで切れ込んでマイナスのグラウンダーのパス、これを原口選手が蹴り込んで「同点ゴール」!やがて終了のホイッスル。

負けを覚悟してたのに、このアウェイの状況で引き分け、貴重な勝ち点1をゲット。



信じて継続して来たレノファの連携が日の目を見た。諦めずにATの最後の最後まで攻め続ける素敵なサッカーは今年も健在であった。勝てなかったけど、感動的。この環境で良くやってくれた。とても誇らしい。

来週末は維新スタジアムでカマタマーレを迎える。JR山口線のレノファラッピング列車が運行開始する。

さあ、お楽しみはこれからだ!

2016年3月23日 (水)

ボルダリングコンペBeltComp

3月30日(日)山口県セミナーパークで定期的に開催されているコンペ、BeltCompを観戦に行った。

月1くらいで開催されるコンペ、セミナーパークのクライミング壁横のボルダリングステージで開催される、とてもレベルの高いコンペである。

キッズ、レディース、エンジョイ、ストイックの4カテゴリーに分かれている。前2カテゴリーは、どうあがいてもエントリー不可(あたりまえ)、後2カテゴリーが対象となるが、レベル的にマッチしない。ほぼ5〜4級クライマーの私では、全く登れそうにない。ジムの中でも実力派がエントリーしていた。その実力派達も苦戦していた。その中にゲストの女王、野口啓代さんが混じって見本を示してくれる。

そう、今日はこれが目的なのだ。見惚れるような優雅なムーブでサクッとクリアして行く。他の人達が飛びつくようなところをスタティックにゆっくりと。スローパーに掌が吸い付いているようにして柔らかに難なく登って行く。

自分の理想形。だから、しっかりとビデオに収めた。時々見ては頭にインプットして身体に覚えさせるのだ。

コンペは明るい雰囲気の中で盛り上がって進んで行った。今季の最終戦。来季は5月から、敷居を下げたカテゴリーも出来るという話に期待。出て見たいものだ。その為に10分間ワークアウトトレーニングを継続して強くなろう。ジムでは届き始めた3級に挑み続けよう。そう、継続は力、なりたい自分への挑戦はこれからも!











2016年3月16日 (水)

寒くて悔しかった雨の維新スタ

3月13日の日曜日。私にとっての維新スタジアムにおける開幕戦。相手はあのFC町田ゼルビア。昨季のJ3では数少ない負け越した、絶対に負けたくない相手。

この日の気象予報は夕方から雨。なあに、これまでも未開封ポンチョを持って行って雨に降られたことはない、晴れさえもしたもんだ。と張り切って維新スタジアムへ自転車に乗って出動。家から1km、程なく到着。

J2になってから、レノファ公式Webに、場所取りルールの説明が掲載されている。50cm×50cmのシートを5時間以内なら待機列に置いて(貼って)おいて1時間前に並べばイイようである。さすがはJ2、「シート貼り」の事は、これまでに聞いたことがあるけど、こういう風にするのだな〜。今度、自分もやってみようかな。というのが、シーズンチケットの先行入場待機列も随分並んでいたから。やはり、自分の定位置を確保したいのだ。

列に並んでいると、私の前は、何とあの、出没をtweet予告してた「パジャマゾンビ」さんだった。レノファサポーターのニューウェーブ!好きだなあ、こういうの。血色の迷彩パジャマの上にユニフォームを纏った姿で白塗りの顔のホッペには立体感のある縫い目ペイント。中々にキュートなその姿をYAB放送スタッフが見つけて楢崎さんがインタビューしてた。横目でそっと、その様子を楽しんでいた。あくまでもそううっと、人見知りな私なのである。

やがて、入場。多いとはいえ、先行入場なら余裕の席選びが出来る。サポートの中心は今年から電光板の前に移動すると聞いていたので、電光板の右端前の芝生との境目の席を確保しようと、ふと見ると顔見知りの「きいろ」さんがいたので、直ぐ近くに陣取った。座っていると、「隣、空いてますか」という声に振り向くと、昨季、いつも隣あって声出ししてた人。再会を喜ぶ。よし、これからはここを定位置にしよう。待機用のシートを作ろうな。

やっぱりイイなあ。維新のゴール裏は。自分の居場所がある。楽しいな、嬉しいな。もちろんレノファには勝って欲しいけど、こうしてここで歌い叫んだり飛び跳ねたり、得点にハイタッチしたり出来るのが良いのだ。結果はどうあれ、この居場所があることが大事なのだ。

試合開始の頃から雨が降って来始めた。ショボショボと降るので、あまり濡れていない感はあるが、結構濡れていっている。と言う間に、ペナルティエリアでのファウルでPKを宣告されてしまった。一森選手はピッタリ方向を当てて跳んだが、僅かに届かずゴールを決められてしまった。

守備の町田に先取点を与えてしまった。厳しい。

0-1のまま、ハーフタイム。しっかり濡れて寒いの何の。ジャケットを羽織った上にユニフォームを着てても寒い!ここでついに御守りと思ってた未開封レノファポンチョを出して着た。ぶかぶかして心地よいものではないが、無理すると低体温症にもなりかねない。熱など出して翌日仕事休むなんてシャレにならない。

後半早々に2点目を奪われてしまう。その後、岸田選手が華麗な身のこなしでゴール前に切れ込んで行き、堪らず相手が手をかけて一発退場を誘い込んだ。数的優勢となったレノファは攻め続けたが、結局シャットアウト、残念な敗戦となってしまった。

挨拶もそこそこに雨の中をしょんぼりと自転車を漕いで帰宅した。荷物を干したり整理して風呂へ直行。悔しい日になってしまったが、こんな日もあるさ。これも楽しみのひとつ。

布団に入って本日のゲームをスカパーオンデマンドにて俯瞰して観ようと、再生開始したものの、キックオフ前に撃沈、寝落ちしてしまった。

翌日、寝床で再度スカパーオンデマンドをチェック。今度はきちんと観た。失点シーンは悔しい限りだがレノファの連携サッカーはやっぱり楽しかった。前目のプレスで良く戦えていたと思う。ゴールに飛ばしたシュート2点分は、キーパー高原選手のナイスセーブに阻まれた。しかし悪くはない。次に期待だ。

ゴール裏では2D状態でゲーム展開は良く見えない。でも、多くのレノファオレンジな仲間達と歌い叫んで喜びや悔しさを共有出来ることを楽しんでいる。

そして帰宅すれば、暖かな布団の中で、ひとりオンデマを眺めてゲームをしっかり俯瞰する。こうして「2度美味しく」楽しんで行く。全試合録画があるJ2ならではの楽しみはこれからも続くのだ。

幸せます(^O^)/








2016年3月13日 (日)

またJリーグの試合が始まるんだという気持ち

昨年からサポーターズグループ「ヤマグチスタ」の呼びかけに応じてレノファ山口FCの主催試合の会場設営を手伝い始めた。

初回のイメージは強烈だった。

対長野戦の当日、その日の天候は台風の影響もあって荒れ気味だったけど朝からナイトゲーム迄に設営しきってしまわなければならなかった。スタジアムMCさんまで加わっての大忙しの設営作業。雨風の中、カッパ着て動き回っていた。当日設営。山口国体開催時に改修された県最大の陸上競技場は大会予定が詰まっている。だから、前日に大会があれば、その後に設営となる。ゲームは19時からだったので当日となった訳である。

その日の設営は昼を挟んで午後3時頃に何とか終了。これまでBONDSさんの縁の下の力持ちぶりを知らなかったので、この時初めて「大変さ」を知った。「図書館で借りた街のサッカーチームの成長を描いた小説、「ホペイロの憂鬱」を読んでボランティアの存在を知っていたが、実際に体験すると、その大変さと楽しさが良く理解できて良かった。

一旦、維新スタジアムから1キロの自宅に帰ってドタリと昼寝。そしてユニフォームに身を包み、再度、維新スタジアムに出動。そして、風吹き荒れる波乱の維新で目撃したのが、維新スタジアム伝説の日となるAT4での大逆転劇だった。そんな強烈な思い出が出来たことは自分の中で宝にしている。

まあ、そんなこんなで、無理のない範囲で設営を手伝って来た。そう、無理のない範囲。これが大切。そして「楽しむ」こと。どんな楽しみかというと、、、
ゴール設置時のピッチの感触や整っていくスタンド、看板、明日はJリーグの試合が始まるんだ!という雰囲気が堪らなく楽しみなのだ。

今年も昨日、設営日時を知って出向いた。で、Team BONDSへの参加を打診された。設営時の怪我に備えた保険加入のことなどもあり、即同意した。皆さん、レノファ愛で楽しく活動されている。観戦と後押しを楽しみたいので、設営見習い専門ということで。

BONDSさん、これからもよろしくお願いします。

今日はJ3でしのぎを削って来たライバル町田が相手。互いに新戦力でどんな闘いになるのか楽しみ。さあ、今日もゴール裏で歌い叫ぼう!

その前にのど飴買わなきゃ(笑)







2016年3月10日 (木)

(参考)維新スタジアムへの歩行経路

J2の荒海に漕ぎ出したレノ丸、じゃなかった、レノファ山口FCは、意外にも順調な航海を始めることが出来ている。

1勝1分0敗。守備が向上して楽しい超前向き攻撃サッカーも継続中で、観るのが楽しくて、楽しくて。

そして、第3節はホーム維新スタジアムでライバル町田ゼルビアを迎えるJ3同期ダービー!

日が迫る毎にアドレナリンが上昇していく?

とはいっても、維新スタジアムへの行き帰りで交通量の多い県道の横断歩道も無いところを強行横断するサポーターなんて無様な姿を見たく無い。サッカーファンのマナーの良さを見せて欲しい。維新スタジアムは小さな子供を連れた家族連れが多いので良き見本を見せて欲しいもの。

県道の横断箇所は信号交差点のみ。だから、出待ちをするなどして、公園内道路から交差点へ回りこむなどというのが良いかと(^.^)

下の歩行経路図を参考にしてみてくだされ。



では、お気をつけて、「おいでませ」、そして、大いに楽しみましょう!

2016年3月 6日 (日)

私の開幕戦〜本城へ

3月6日、日曜日。ついにこの日がやって来た。私のJ2開幕戦は記念すべき関門海峡ダービー!

今回は自分のtweetリレーで現地までを辿ってみる。

真新しいユニフォーム、右肩の黒Jを見てほくそ笑み、左胸のエンブレムに拳をあててみる。いよいよ始まる私の開幕戦、いざ北九州は本城へ❗️
(雨止んでチョウダイ、、、)

最終チェック、ユニ良し、ポンチョは御守り、タオマフ、予備バッテリー、チケット、JR切符、全て良し。さあ、行こうぜ❗️

今日は維新の里、矢原から〜この街にはレノファがある!(^O^)/



山口線ディーゼルカーはオレンジとイエローの2両編成で偶然にも関門海峡ダービーバージョン❗️もちろんオレンジ車両に乗る(^.^)
12時34分折尾着の見込み
キックオフ時間連動時刻表(北九州本城用)

小倉行きは階段を下りて上がって7番ホームで乗り換え3分。出発、関門海峡をアンダーパス。

小倉から7番のりば「荒尾行き」予定通りの乗車。余裕で着席(^.^)
ユニフォームの人も見かける。

小倉は雨ながら暖かいし敵地なのでここで上着を脱いでユニフォーム姿となり「主張」開始
(^O^)/

八幡、トレランレース、「カントリーレース」の帰り駅として懐かしい。

折尾をおりて、シャトルのバス停、バス待ちで並ぶのは待ちきれずに早め便で来たレノファオレンジな人達。

本城陸上競技場行き(直通シャトル)バスに乗車。このバスは選手の声によるアナウンスが流れたりして楽しめる。
さすが、北九州市営。でも、来季は小倉駅からウォークインとなる専用スタジアムになるのでこの経験は貴重。本城スタジアムでの経験も貴重。

到着、その瞬間、雲間からお日様キラリ(^O^)/
それでは、まず、スタグルへ❗️

本城公園、横のクランドでは一足先にキッズ達のかわゆいレノファvsギラヴァンツが行われてる。スタグルも良い雰囲気で至福の空間。


黄と橙、幸せ感に浸る我が開幕かな。
〜レノ好ボルダラー

至福のオレンジジャックでの選手出迎え。レノファ山口い❗️
ひとしきり歌い終わって「さあ(席に)帰ろう〜笑。この空気感が堪らないンです❗️
そして、太陽が。
最高だゼエエエエ〜イ❗️


前半にキシが先制点。そして前半終了。

先週、モモちゃん(岡山)と対戦して気付いたこと。
オニちゃんには得意の連動攻撃に加えて「堅守」という金棒を得ていたことを❗️

後半開始。
ライトON。呼び込もう❗️

守り切ってというか、攻め続けて1-0のまま終了。

良いゲームでした〜❗️
これから山口一番❗️

そして歓喜の「山口一番」。私の開幕戦はもう最高❗️

試合が終わって選手達がやってくる時、誇らしげに「俺ら、やったよ」ていう感じでニコニコしてた。それ見て最高に嬉しかったなあ、こっちも。
凄いなあ、選手達。山口一番のラインダンスでは力出し切って足上がらなかったけど、「いいんだよ、嬉しいよ」と思いながら歌っていた。「山口一番」



選手達が引き上げた後に、岸田選手が挨拶に来てくれて、トラメガで、家族が出来て更に責任感を持って頑張ることを宣言してくれた。嬉しいネ〜❗️





素晴らしかったゲームの翌日夜に試合をスカパーオンデマンドで見て、改めてレノファの素敵な連携サッカーを俯瞰した。楽しくてしょうがなかった。これからの楽しみ。スタジアムではゴール裏でお祭り騒ぎを楽しむ。後でゲーム内容を楽しむ。全試合中継のJ2は楽しい
(^O^)/

最後に、ギラヴァンツのホームである本城公園についての感想を。

本城、いい所だったなあ。ちょっと町田の野津田に雰囲気が似た所があると思うのは私だけだろうか。日曜日の午後を過ごすのにとても良い雰囲気。北九州の人達ももっと行けばイイのになあ。
本城の印象が良いのはこの前のレノファの素晴らしかったサッカーのおかげかと思ったけど、昨年のジェフ戦に行った時も良い印象だった。帰りの電車では町田戦tweetに熱くなって、来季アウェイで本城に行きたいと本気で願ってた(^.^)/





ということで、来週はJ3から続くライバル町田戦、負けられない、張り切って行こうぜ❗️


2016年3月 5日 (土)

関門海峡ダービーを前に

とうとう、この日がやって来る。

北九州は本城陸上競技場での北九州ギラヴァンツ戦。

図書館で出会ったあの本を読んで以来、いつかは本城陸上競技場にアウェイサポーターとしてオトンのギラヴァンツとの対戦に立ち会いたかったのだ。

昨年レノファがJ3で闘う中、本を読んだ頃は快調に勝ち進んでいて「来季、J2に上がってアウェイとして本城に来れるかも」と思い始めた。その後、レノファはもたついて最後の最後でやっと決めてくれた訳である。決まった瞬間、「これで本城へ行けるのだ」と感激しながら、そう思った。

そして、J2への準備が始まり、チャントの誕生に立ち会ったりしながら、J2開幕を先週、維新で迎えたのである。

開幕戦は仕事で行けなかったが、録画を見るかぎり、素敵なパスワークは健在であった。ただ、J2のレベルでは簡単に行かなかったけど、実に惜しい場面が何度かあった。そして何と、このJ2で岡山相手に失点1に抑えた守備力、これが大変に嬉しかった。

これならJ2で十分に闘える。私にとって明日が開幕戦。間に合ったのだ。本城。ここをオレンジに染める。そしてレノファの為に歌い叫ぶ。夢の実現。

そして、このJ2を生き残って、来季は小倉の新スタジアムのアウェイゴール裏で歌い叫ぶ。山口のオトンの夢は広がるのだ。



J列車で行こう、北九州の本城へ!

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31