無料ブログはココログ

山情報共有サイトのヤマレコ

« 蜂刺されの教訓と維新での京都戦 | トップページ | レノファ偏愛な熱くも濃〜かった決戦前夜 »

2016年8月 3日 (水)

素敵な逆襲

7月31日の維新スタジアム。前日は朝8時前から家の軒下直ぐの屋根裏に出来てしまった蜂の巣駆除の立ち合いの後から維新スタジアムの前日設営、unlimited toneのコンサートと精力的に動き回った翌日、午前中ジムでボルダリング。









帰宅して昼食後の13時30分頃から整理券ゲットのために維新スタジアムに出かけた。20分前に着くと結構並んでいた。シーズン(先行)チケットの47番。

システムはこうだ。キックオフの5時間前から整理券配布が開始される。配布はメイン、バック、ホーム、アウェイの各入り口毎に行われる。配布開始時間までに並んでおく。ホーム(ゴール裏)の場合は競技場外周コース外側の縁石(木陰)に腰掛けて待つ。一番後ろと思しき人に「ここが一番後ろですか?」「ですね」という感じで、先行、一般入場の区別無しで。時間になると案内に従って競技場寄りに並ぶ。ここで先行と一般の列が分けられる。そして受付にて、「先行で良いのですね」「はーい」と名簿に名前(カタカナ)と人数(5名まで)を記入して整理券を受け取る。

整理券をチケットホルダーに収めて駐輪場に戻り自転車で一旦帰宅。自室でエアコンを入れて少し休憩。昨日今日とも実に暑い。熱射病にならぬ様に気をつける。15時過ぎに再び家を出る。今度は徒歩で。15分で到着。15時30分からの横断幕張りを手伝う。30分位で終了して外へ出る。16時から始まるグルメガーデンにて補給。暑くて身体がいつも以上に水分を欲する。

入場開始15分前から整理券の列に並ぶ。整理券の番号順に、並んでる人と見比べながら自分の位置に収まる。列が落ち着いたところで整理券は回収される。この時点で名簿に記入した人数全員が居なければならない。居ない人はアウト。なお、整理券は一緒に並ぶ人の中で優先度が下位のチケットに合わせなければならない。一般入場の人と一緒なら先行入場のシーズンチケットを持ってても一般の列となる。

入場して、いつもの場所に席を確保。



昨日も本日も実に暑かったため、やたらと水が欲しくなる。飲んでも飲んでもそう。こりゃバテたかな?試合開始待ちで眠くなったりしていかんなあと思っている内にキックオフ、闘いは始まった。

札幌の選手は皆デカい。レノファ戦士達とは体格差を感じる。そりゃ平均身長が6cmも違うのだからなあ、、、攻めこもうとするのだが、ボールを取られると一気に前に展開されて機関車の様に突進して来て逆に攻め込まれてしまう。そして、コーナーキックから1点。更に速攻からセンターを破られて2点目。うーんキツイなあこの展開。なんとかこれ以上追加点を奪われずに前半終了。

レノファは前半苦しんでも後半に修正して来てくれると信じつつ後半へ。最初からフォワードの岡本選手を入れてきた。そして、得意のパス攻撃が展開出来る様になってきていた。3バックから4バックに切り替えて。レノファは自陣前からでもガンガン繋いで上がっていける様になると、実に楽しいサッカーを魅せてくれるのだ。チャントにも熱が入る。来い来い来い、持って来い❣️って感じで。ヒートアップして楽しくなる。さっきのバテ状態はどこに行ったのだろうか?と言うほど元気になって来る。

ペナルティエリアの少しだけ外側で三幸選手の突破に思わず相手がファウル。フリーキックは一旦相手の壁に当たって、そこから三幸選手が気合のこもったライダーキックでボールをゴールに押し込んだ。



その後、ピンチが無くもなかったけれども、レノファのパス回しが相手を消耗させながら追い込んだ。後一押しで同点、逆転などという期待感一杯の素敵な逆襲にレノファファミリーは熱く叫び、手拍子で押し続けた。

追加点は入らずに終了。悔しい悔しい敗戦だったけど、面白かった。この日はシーズンでは2番目、7510人の観衆。皆んな楽しめたのではないかな。



次のホームゲームはセレッソ戦。切符の売れ行き(VIP、SS、ホームAが完売)からすれば入場者数の新記録が出そうだと思っている。

その前に7日の町田アウェイから勝ち点を持って帰って欲しいネ。そして11日の維新、やってやろうぜ❣️

« 蜂刺されの教訓と維新での京都戦 | トップページ | レノファ偏愛な熱くも濃〜かった決戦前夜 »

おらが街のサッカーチーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1694998/66827667

この記事へのトラックバック一覧です: 素敵な逆襲:

« 蜂刺されの教訓と維新での京都戦 | トップページ | レノファ偏愛な熱くも濃〜かった決戦前夜 »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31