無料ブログはココログ

山情報共有サイトのヤマレコ

« オレンジの約束 | トップページ | 下関でレノファという幸せ »

2016年9月29日 (木)

ホームなのにプチ遠征という楽しみ

今年もレノファのホームゲームが下関で行われる。

ホームなのにプチ遠征。いつもは徒歩で家から約1kmの長時間散歩に出かける感覚なのだけど、この日曜日はJR山口線の矢原駅から列車に乗ってプチ遠征となる。実はこれを楽しみにしているのだ。

レノファがJFLに居た頃は、維新には行ける日は行っていたが、下関までは足を延ばさなかった。J3に入ってから下関観戦デビューした。新山口駅から山陽線の電車で下関駅。流れる車窓の景色を楽しみながらのんびりと休日の鉄道旅を楽しむ。

駅からはバスで競技場へ向かう。

下関はいつも楽しませてくれる。最初に行った時はサポーターグループヤマグチスタによるフラッシュモブに遭遇、その後、フク(河豚)鍋のおもてなしがあったり、それまで荒れていた芝生が綺麗になったり。いつも嬉しい景色を魅せてくれる。

そして今年。これまでメインスタンドのみ開放されていたのであるが、今回はバックスタンドがA席(サポーター席)として開放される。現在、アウェイA席を除いて全てチケットは売り切れ。メインスタンドが7000人少し入るとしてこれが全て売り切れ。さらに、バックスタンドのA席ホームも売り切れ。残りはアウェイA席のみ。

ということは、今まで3000人台であった下関市陸上競技場でのホームゲームでは10000人超えの絶景が繰り広げられることになるのか?!vs ロアッソ熊本が熱い!



プチ遠征の乗り鉄旅が今から楽しみなのである(^O^)/

« オレンジの約束 | トップページ | 下関でレノファという幸せ »

おらが街のサッカーチーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1694998/67725162

この記事へのトラックバック一覧です: ホームなのにプチ遠征という楽しみ:

« オレンジの約束 | トップページ | 下関でレノファという幸せ »

最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31