無料ブログはココログ

山情報共有サイトのヤマレコ

« 素晴らしい雰囲気の中で | トップページ | 喋るの苦手なんだよね »

2016年11月 3日 (木)

初パブリックビューイング参戦

11月3日、祭日の今日は山口市中心商店街ではスペインフェスタが行われ、多くの人々で賑わっていた。山口は中世時代、大内氏が治めていた頃、京都を模した街づくりをして栄華を極めていた。その頃にスペインからフランシスコ・サビエルが訪れて市中のお寺で布教活動をした、と聞いている。その縁で山口市はサビエルの故郷、スペインのパンプローナ市と姉妹提携を行っていて、毎年スペインフェスタが行われているのだ。

市の中心部の丘にはサビエル記念聖堂の塔が聳えていて、そこから時を告げる鐘の音が聴こえる。そんな街のプロのサッカーチームはパス連携の魅力的な攻撃サッカーを売りにしている、って素敵なことではありませんか!


スペインフェスタの企画のひとつとして、商店街の一画、起業支援施設「mirai365」に設けられた会場でクラブが主催したパブリックビューイングに参加した。

人気は上々で15時から配布される整理券を求めて1時間前には待機列ができていた。整理券を受け取りそのまま会場入り。奥にプロジェクターの映像がセットされ、並べられたパイプイス等に座って観戦する、後方では飲み物や食べ物を売っているという、快適空間である。いつもお家にてひとりTV観戦するのに比べて大勢で観戦するのはワクワク感一杯で実に楽しい。

試合は味の素スタジアムにて東京ヴェルディとの対戦。早々に1点先制されるも、今日のレノファは快調に連携攻撃が展開できて連続得点で2-1と前半で逆転に成功した。島屋選手と鳥養選手の得点。点が入る毎に会場は盛り上がり周りとハイタッチ。生観戦と同様の喜びがある。たまりませんなあこの雰囲気。

後半追いつかれ、ピンチの時は悲鳴がとどろくも、激しく攻め続けるレノファに会場のボルテージが上がり続けた後半ロスタイム、ファールを受けてホイッスルが鳴った直後、庄司選手が素早くリスタート、レフリーはゴーサインとともに笛を吹いた。ふわっと緩んだ相手の中から安藤選手が鋭く飛び出し、前に出ていたキーパーの頭上を越えるループシュート、これがゆっくりとゴールに吸い込まれた。得意のアディッショナルタイムの得点に沸く会場。絶叫しながら周りの人とハイタッチ。

画面ではリスタートが無効であるとヴェルディ側が猛抗議。と、何と何と、主審はゴール無効にしてしまった。いやあビックリ。Jリーグでこんなことがあるの?

その後レノファ側の抗議に再度判定が覆るのか?しかし結局、得点無効。レノファは更に攻め続けもう1点ゲットかという惜しい場面も虚しく終了の笛。皆んな納得のいかない表情で会場を後にした。

まあ、クラブは異議申し立ての意見書を提出するようなので、見守ることにしよう。

ノーゴールになっても勝ち越そうと攻め続けるレノファらしい「諦めの悪さ」が十分出ていたので、次のアウェイゲームも楽しみだ。今日はJ2残留が決まったし、次も心置きなく楽しもう、レノファらしい攻撃サッカーを!

今日は悔しいのでこれだけは言っておこう。


「安藤選手、ナイスビューティフルゴール!」






加藤選手、初先発(FW)おめでとう!次も頑張れ👍

« 素晴らしい雰囲気の中で | トップページ | 喋るの苦手なんだよね »

おらが街のサッカーチーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1694998/68241896

この記事へのトラックバック一覧です: 初パブリックビューイング参戦:

« 素晴らしい雰囲気の中で | トップページ | 喋るの苦手なんだよね »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31