無料ブログはココログ

山情報共有サイトのヤマレコ

« ギャラリー「待ち遠しい開幕戦」 | トップページ | PCによるDAZN視聴レポート »

2017年1月14日 (土)

心拍計のストラップを新調した

ランの場合、エンジン(心臓)を回し過ぎると脂肪燃焼に有効な有酸素運動にならないので、心拍計を使ってスピードを抑えるようにしている。karadafitの心拍センサーが安い(密林で4千円弱)ので、これとiPhoneアプリの組み合わせで走りに出ている。

先日、センサーの胸ストラップと計測部を接続するスナップボタン部が破れて取れてしまった。


ネットに、ポラールのストラップが使えると紹介してあったので密林でポチってみた。届いたストラップはしっかりした作りで、さすが第一人者メーカーだなと思った。これで2千円ちょい。気になるスナップボタンのピッチは確かに合っていた。しか〜し、ボタンの周りを覆っているゴムの高さがボタンよりも少し高くてkaradafitの計測部を押し込んでもゴムに邪魔されてロック位置に達しないため、ボタンが噛み合わない。



う〜ん、残念、、、でも、くじけない。それならゴム部の高さを削ってしまえば良いのだ、と、爪切りでプチプチと切り欠いてみた。


そして、計測部を押し込んでみると、パチっと食い込んでしっかり固定された。



胸に装着して、iPhoneのアプリを起動、冬場は乾燥して汗をかいて湿るまで計測できないので、指に水をつけてストラップのセンサー部分を湿らせると、よっし!計測できたよ〜(^ ^)v


さあ、またしっかりと有酸素運動で鍛えよう、絞り込もう。目指せ壁登り身体の軽量化!

追伸(忘備録)
使わない時は計測部を外して保管しないと電池を消耗してしまうみたいなので気をつけよう。

« ギャラリー「待ち遠しい開幕戦」 | トップページ | PCによるDAZN視聴レポート »

トレーニング全般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1694998/69244694

この記事へのトラックバック一覧です: 心拍計のストラップを新調した:

« ギャラリー「待ち遠しい開幕戦」 | トップページ | PCによるDAZN視聴レポート »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30