無料ブログはココログ

山情報共有サイトのヤマレコ

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年4月

2017年4月30日 (日)

悔しい時はスポーツ

昨日のレノファの負け方、ぶちぶち(物凄く)悔しかった。背の高いおっさん、失礼、ファンマ選手に高い高いヘディングでイイようにやられて、どうしようもない感に襲われた。が、しかし、待てよ。事故のようなペナルティーの1点はのけといて、2点って昨日もそのくらい、流れの中で決めることもできそうだった。セットプレーでの失点なんて気にもせずでイイんじゃない?!そうなんよね。その分くらい、取り返せるんであって、昨日はたまたま、そうならんかっただけのこと。だから次の湘南戦を楽しみにしておこう。

ところで、悔しさはスポーツで解消するのが私流。オリンピック種目のスポーツクライミング(ボルダリング)で。それで、午前10時に満を持して我がホームジム、LABO山口に参上。いつもは裸足で靴を履くのだが、此度は薄手の足指靴下を履いてみた。クライミングシューズは爪先の僅かな突起に体重を預けるために足指を曲げた状態でフィットさせるように履かなければならない。だから靴のサイズは普通に履く靴よりも随分小ちゃい。これに裸足の足を押し込む感じなのだ。最初は痛くて履き続けられない。休憩の時に脱いでホッとする。でも、履き続けると伸びて少し余裕ができる。だから、靴下を履いてみた。靴の中で足がきつく受け止められる感じが良かった(多分にクライマーはマゾ的な)。

さらに、ジムでチョークボールを購入した。最近、チョーク(炭酸マグネシウム)が長〜くチョークバッグの中で熟成?されたのか、手の皮がひび割れっぽくなっていたので、清潔さを求めてみた訳なのだ。やはり新しいものは気持ちが良い。


挑戦の成果は、上達できずも楽しめた。もっと掴んだら離さぬ根性が必要だと思った。ありがとうLABO山口。今日も楽しかったよ。


ではまた次のチャレンジで!今度はもっと根性鍛えて来ます(笑)。

2017年4月29日 (土)

ピッチサイドでハイタッチ

今日は夜勤明けで参戦。

今週は結構、ハードだったなあ。月曜日は21時には帰宅したが、火曜日は東京へ出張
水曜日午前の便で帰着して午後から仕事。夜は飲み。木曜日24時まで仕事。金曜日朝から土曜日の朝まで夜勤付きの仕事。これらを無事こなして解放された土曜日の朝。

さあ〜今日は楽しみ切るぞ、と張り切って。
帰宅して朝食摂って少し休憩後、維新公園に自転車で、10時30分の入場時間に合わせて並んだ。今回はシート貼りできずにシーチケの先行入場列に並んだ。

それでも、ほぼいつもの場所が確保できた。席に座ってくつろいでいると、選手とハイタッチの整理券に当選した話をしている人がいる。そうだ、今日は試合前練習に向かう選手達とハイタッチできる権利をシーチケ所持者対象で募集していたのだ。私もネットで応募したのだった。スタジアム正面のテントに行くとチケット番号が張り出されていて、おお〜合格!なんか入試みたいで嬉しい。整理券をいただいた。


正面玄関からピッチへの人工芝絨毯に一列で並ぶ。まずはキーパー2人とハイタッチ。「頑張って」と声かけながら。その後、練習に出てくる各選手とハイタッチ。やはり「頑張って」と声かけて。

その後、練習をピッチサイドから見学。観客の入ったスタンドを見上げる。気持ち良い。ゴール裏のチャントが凄く良く聴こえた。良い雰囲気だ。確実に選手達に届いているな、これは。貴重な体験だった。私もしっかり声出そう。

試合は長崎に完全にしてやられた。前目のプレスからデカイやつ「ファンマ」にハットトリック。コーナーから2本とペナルティー1本という、何ともスッキリしないというか、、、悔しい負け方だったなあ。

悔しい時は黙々と働くに限る、ということでビッグフラッグの折りたたみに加わった。負けた時は後を引かないようにする。

自転車で維新公園内をトボトボ走る。しかし、良い天気ではないか。維新公園の池からスタジアムを眺めながら思った。ユニフォーム着て、こんな悔しい思いをしながら帰宅する。この、幸せの昼下がりよ!


おらが街にレノファがある。山口にこんな環境が出来たこと。これもレノファオレンジファミリーが勝ち得てきたこと。誇らしいではないか。負けたからってせわあない(何ちゅうことはない)!

幸せを噛みしめて、次へ向かおう!

We are Renofa!

2017年4月25日 (火)

今日はお江戸から

今日はお江戸でひと仕事。山口宇部空港から空の旅。


仕事終わってから、息子と酒を酌み交わした。
愉快愉快。ホテルへの帰り道、都会のビルの夜景が華やかで、たまなら東京もイイもんだ。


ありがとう東京、またね。



PS.
東京へ向かう飛行機で暇つぶしに、こないだの龍太の絵に色を付けてみた。


龍太、世界へ!Go ON!

2017年4月23日 (日)

レノファインパクトなギャラリー

ようやく、レノファオレンジ戦士達が練習に練習を積み重ねてきた事が結果として花開いたという感じですかね。

古豪、大都市の雄、名古屋グランパスに勝利してしまいました。攻めを得意とするチームとは相性が良いのか、相手が油断してたのか、、、いやいや、それはレノファオレンジ戦士達に失礼というもの。明らかに強かった。

ここのところ、固い守備を誇っていたところ、美しい連携攻撃を魅せてくれました。

まずは挨拶がわりの#14高柳選手の強烈ミドル!これは惜しくもポストに嫌われましたが、凄く興奮しましたよ。さすがは一誠さん、頼りになります!


そして、いよいよ先制点が入ります。決めたのは#8小野瀬選手。記念すべきバースデーゴール!ここから火が付いて小野瀬ゴールの量産、お願いしますよ。



そして、業師、ファンタジスタ#40小塚選手がゴール前の浮き玉を難なく鮮やかにボレーでコズゴール!もう、たまりませんなあ。


そして、その後も、途中出場のスピードスター加藤選手の躍動や元気君のファインセーブ、ディフェンス陣の固い護りから鮮やかな繋ぎで名古屋を翻弄しての見事なクリーンシート!

ようやく慣らし運転を終えたレノファオレンジ🍊システム2017仕様はこれからフルスロットルで駆け上がるのだ。上野監督、鳥養キャプテンを始めとする熱きレノファオレンジ戦士達、ぶっ飛ばして行こうゼ!

2017年4月22日 (土)

今年もやったぜ素敵なインパクト

今朝時点でレノファは21位。後ろから数えて2番目という位置に沈んでしまった。だけど、前節はドローのままアディショナルタイムにPK判定という「事故」のような失点での敗北。前々節はリードしていたところでアディショナルタイムに同点にされてしまった。
相手はいずれも好調な上位チーム。サッカーの内容も悪くなかった。

そんな中で今節の相手は強豪、名門の名古屋グランパス。現在、首位を走っている攻撃的なチーム。しかし、我がレノファもそろそろサッカーの完成度が上がって来てるはず。ディフェンスは固くなっているので面白いことになるかも、という期待感はあった。ボコられる恐怖感もあったけど、とにかく思いっきり相手の胸を借りて暴れ回って欲しかった。

特に今日はエンブレムに手を当てて熱く健闘を誓う鳥養選手が観たかったので、こんな画像を貼ってみた。



これは、昨年のセレッソ戦で大活躍して大いにインパクトを与えた時に描いた彼の肖像画で、今年のアウェイユニフォームを着せて背景を熱い熱いイメージにしてみた縁起物である。

午前中はレノファの素敵な攻撃サッカーの復活を祈って壁登りで身体を鍛えるためにホームジムLABOに行った。アグレッシブに登る事を心がけた。今日は一部のホールドが変わってて、「レノファの復活を祈念しての攻撃的モード」になれて楽しかった。



13時10分頃まで、しっかり登って爆燃とともにレノファ偏愛プレイリストをBGMに帰宅した。

満を持してアンドロイドTVにDAZNを映し出した。

開始直後から展開され始めたレノファの素敵な連携サッカーにすっかり魅了された。イイではないか。ポゼッションでは相手に分があるようだったが、これまでの練習で培ってきた固いディフェンス、定番となったキーパー元気君のファインセーブ。そこから上手く繋いで、或いはロングボールで、効果的に相手ゴールを脅かす。何度か惜しくもポストに嫌われるシーンもあったが、鮮やかな繋ぎで小野瀬選手のバースデーゴールが炸裂。さらにゴール前で浮いたボールに冷静に合わせた小塚選手のファインゴールで2点先制。

後半も加藤選手の素晴らしいスピードとゴールを目指す力強いプレイを楽しませてもらった。そして、クリーンシートで終了の2-0。強豪の首位名古屋グランパスに完勝。今年も魅せてくれたレノファオレンジインパクト!

歓喜のや・ま・ぐ・ち・い・ち・ば・ん!


最高!おらが街のオレンジ戦士達。厳しい練習の成果、魅せてくれてありがとう!

今日は祝杯じゃ、山口一番搾り(笑)。


さあ〜、お楽しみはこれからだ。走るよ〜レノファオレンジ!

2017年4月21日 (金)

ギャラリー明日はキャプテン!

明日はアウェイ、難敵、名古屋。

多くは語らず。情熱のギャラリーは、

鳥養キャプテン!明日は頼みますよっ!



爆念、熱風的熱送!All for RENOFA!!

この時期の女王蜂は苦労人なのだった

先日、朝起きて細君の部屋を開けて縁側に出てカーテンを開けようとすると、部屋に入るな、という。

中に雀蜂を閉じ込めたから入ってはいけないと。

細君が言うには、朝起きたら、ぶんぶんと羽音がして、見上げると豆球を点灯した蛍光灯の笠の中に入っていたそうな。

そうっと部屋を開けるも、蛍光灯にはいない。と、細君が、「後ろっ!」と言うのでギョっとしつつ振り向くと、壁に止まっていた。

一旦、部屋を閉めて、園芸用のつっかえ棒に針金ハンガーを折り曲げてガムテープで固定してスーパーなどにある、薄いビニール袋をガムテープで針金に沿って貼り付けて急造虫捕り網を製作。

再び部屋に入って壁に止まった蜂を逮捕して打ち殺した(蜂さんスマぬ、、、)。

昨年、我が家の屋根裏に巣を作ったキイロスズメバチ。またか、、、などと思い、巣が出来ていたら駆除しなきゃ、と細君が蜂駆除屋さんに相談したら、驚きの事実が!

4月は未だ越冬した女王蜂しか居なくて、単独で巣を作り、働き蜂を産んで、そこから働き蜂に護られながら、せっせと働き蜂を産み続け、たった1匹の女王蜂候補を働き蜂に育てさせるのだそうな。

働き蜂は全て雌で、卵管が変化してあの怖い毒針になるのだそうな。そして、家族を維持するために蜜蜂などを襲うのだそうな。

女王蜂はお嬢様として至れり尽くせりなのかと思っていたが、苦労人、いや、苦労虫だったのだなあ。でも、巣を作ってもらっては困るのだよ!

だから、先日の女王様の供養のために飛翔する雄姿を描いてみた。女王様、安らかに、、、

2017年4月16日 (日)

もう一つの柱

昨日のレノファ敗戦は悔しかった。だけど、ウジウジしててはいけない。次に向かって走らにゃいけんのだ。

私には家族が居り、その家族はレノファには感心がない。要するに、レノファの調子は自分だけの事情なのだ。家族の感心は私がきっちり仕事をして生活を支えて行くこと。何当たり前のこと言ってるのさ!と突っ込まれそう、、、

ということで、仕事一番(本当は山口一番が大事だけど、、、)な訳で、週はじめに向けてどう前向きになっていくか?私には仕事外の柱としては、レノファの他にもう一つ、壁登り(ボルダリング)というものがある。2011年6月から始めてもう直ぐ6年になる。「石の上にも3年」や「桃栗3年」の倍、「柿8年」に近づこうとしている。家族にとって私が元気に仕事に行くことが大事なのでここで身体鍛えながら元気になるのだ。レノファも元気の源として認められているのは言うまでもない。

ということで、今日はボルダリングジムに出かけた。いつもは、山口市南部のLABOというところがホームジムで、ここで過ごすのだけど、今日は3月に出来たばかりのジムにデビューした。防府市の9A(ナインA)というジム。全国でも有名なクライマーでクライミング課題のセッターとして我がホームジムの他にも全国の壁課題をセットして来られた名人、茂垣さんが立ち上げられたジムである。9Aというのは、クライミングのグレードで「凄く難しいグレード」(常人には絶対無理)を意味する。そんなごっつい名前だけど、快適なジムであった。



ジムの入会申し込みをするときに、以前、茂垣さん主催のオープンコンペに出たことと、twitterの相互フォローにより私が「レノ好ボルダラー」と称していることをご存知で、今年のレノファについて少しお話出来て嬉しかった。クライミングもサッカーもオール山口県でいきましょうゼ(^^)v

クライミングコースは6級から。アップで6級を触ってから、自分的には、ほぼほぼ出来るだろうと思っている5級を触るとこれが手強い。でも、面白い。

そして、4級にチャレンジ。垂直な壁(垂壁)の面白課題、足がかりも手がかりも薄めで、滑落しそうで怖い。垂壁の場合、予定外に滑り落ちると他のホールドにぶつかりそうで怖い。その点は壁が反っていた方が怖くないのだ。だけど、これは体幹を消耗する。

チャレンジしていた壁は最後の二手でバランスを崩して登りきれなかった。疲れると滑落の危険度が増すので、へたったところで未完登のまま終了。

この写真のスタートのところに左右足を置くのと、上の方の左手〜緑のL〜の左下の半月様に左足を置くのをスタンプし忘れゴメン、、、

悔しいが次回の楽しみとしよう。
茂垣さん、楽しかったです、ありがとうございまました。LABOで鍛えてリベンジしに来ますネ!

ということで、スッキリと切り替え完了。明日からまた、仕事、頑張ろう。そして、今日みたいに身体鍛えて維新スタジアムでレノファを楽しむのじゃ!



前向いて行こう、なギャラリー

昨日のジェフユナイテッド千葉との闘い、これまでは得意としていたロスタイムに失点して負けてしまった。残念至極である。

レノファのパス連携の攻撃サッカーもインパクトを与えてきたところだけど、千葉のハイライン・ハイプレス、キーパーが動き回って広大な後ろスペースを守りきる、というのはインパクトがあった。ほんと、サッカーって面白いよね!

レノファもこれに対抗してロングボールで攻めてたが、惜しくもキーパーのナイスセーブやポストに阻まれてしまった。

レノファは良いサッカーをしていると思う。今回の試合後も選手達が挨拶に来た時、練習頑張れ、と、次も来るから、の旨を叫んでおいた。

だから、前を向こう。我がレノファ偏愛プレイリストに「連携」したギャラリーで!

まずは、公式テーマソング「スタートライン」。
韓国に短期留学中のMIKKOさんも、念を送り続けてくれるだろう。夏に帰ってきたらきっと、スタジアムで歌ってくれるはず。


ジェフ戦のハーフタイムにRENOFA SOULを歌ってくれたUnlimited Toneには、我が絵にRENOFA SOULを入魂いただいた。


そして、試合前にスタグル特設ステージで「オレンジ」を熱く歌ってくれた水本諭さん、6月18日(ツエーゲン金沢アウェイの翌日)に厚狭駅近くのフジ輸送機ホールでコンサートを開く。ちゃんと試合の日を外すという熱きレノファオレンジャーである!


最後に「オレンジ」の熱き詩の一節を紹介しておく。

想いを蹴り出せ 願いを吐き出せ
信じた自分を誇れるように
全ての想いを オレンジに乗せて
僕らはいまひとつになるから

ゴールを目指して 繋げる想い
背中を押すのは 12番の声

さあ〜レノファオレンジャーの皆様、前向いて行こうではありませぬか!








2017年4月11日 (火)

帰って来た息子を迎える気持ちじゃった

昨日は頭の中が熱うなって、眠れんようになってしもうた。一応、明け方に少し眠ったようじゃが、5時には目覚めてしもうた。これだから歳をとると厄介じゃのう、、、

別にワシは怒っていたわけでは無いんじゃ。むしろ逆じゃ。やっさんが大好き、いや、やっさんだけじゃなく、去って行ったけど、「お城」をここまで築いてきてくれた選手達のことが気になっていたのじゃ。今居る選手達ももちろん大好き、当たり前。じゃが、移籍して活躍しているヤツが帰って来たので「お帰り」といって迎えたかった。まあ、これは、子供が巣立っていったワシ、すなわち爺の論理で勝手に「帰って来た息子を迎える気持ち」じゃったと思うちょるだけじゃが、レノファオレンジな方々はそれぞれの立場でやっさんを送ったんじゃと思う。別れの言葉も言えんかったしのう、、、

じゃから、そこを「突っ込まれた」のは、少し悲しかった。でも、他の見方からすれば良いことじゃないんじゃないか?っていう意見、それには「ハっと」した。確かにそういう方向から考えれば、今の選手達に失礼と言えるんじゃないか?ウンウン、確かに。それもレノファ愛に満ちた意見じゃ、そういう考えも大事じゃのう。だから、もしも、もしもじゃが、これを今の選手が見てくれていたら、このワシみたいな気持ちを汲んで、終了の笛が鳴ったら「ノーサイド」ということで、大目に見て欲しいのじゃ。どうか笑うて許して欲しいんじゃ。

まあ、どうにか、ワシの気持ちを言えたかのう。



ワシ、現実では、上手いこと言えん。ゆっくり考えんと言えんのいね、というか考えて書くしかないのいね。口からじゃ出てこんのいね。

いちおう、気持ちは言えたので、この話はこれで終わり。

また、大人しゅうゴール裏に住まわせてくだされたら幸せます。じゃけど、後押しの声出しだきゃあ、おもいっきし腹の底からやらせてもらいますけえ。で、たまニャア、幕の片付けくらい手伝いますいね。で、そろっと消えて、また次までには身体鍛えて来るけえね。



もうワシも六十が近いけえ、きちんと鍛えちょかんとエラいのいね。そねえエラいんじゃったら行かんニャアええじゃろうって?そりゃあ楽しいけえ行くんじゃあね!

じゃあ、また。


維新の「老野良猫」こと、(RenoBoul)より 皆様へ

2017年4月 9日 (日)

土曜日ってことでとことん

今年は桜が遅かった。このところ寒い日が続いたからか、中々桜の花が開かなかった。今週、漸く開き始めたと思ったら、金曜日は朝から雨。週末の天気は思わしくないようだ。でも、夕方には止んだので、仕事終わりに山口市の桜名所である一ノ坂川に立ち寄ってみた。

県立図書館の敷地の駐車場は賑わっていた。一ノ坂川には多くの人が歩いている。ライトアップされた桜が美しかった。


明けて土曜日。レノファはホーム維新スタジアムに徳島ヴォルティスを迎え撃つ。そう!やっさん(島屋選手)が移籍した先。しかも好調で上位に居る。怖いけど負けられない。朝から張り切ってシート貼りに向かった。維新公園の桜も満開だった。満開の桜の木の向こうに維新スタジアムをみながら、今日の勝利を祈った。


試合は好調の上位徳島相手にしっかり繋ぎのプレーをして良く闘っていた。前半はスコアレスで折り返したが、後半、ゴール前の混戦から星選手がゴールに押し込んで先制!さらに攻め続けて2点目?!と思ったら惜しくもオフサイド。そしてロスタイム。山口一番を思い描いていたら、何と同点にされてしまった。ロスタイムの歓喜は多く経験したが、逆は初めて。悔しいものだなぁ。

でも、良いサッカーしてくれてた。だから、次に期待しよう。お約束通り「練習頑張れ」「次も見にくるけえ」と、叫んでおいた。

選手達が去った後もゴール裏は誰も帰らない。そう、あの男を待っていたのだ。島屋八徳。隣りの人と「来んねえ。どうしたんじゃろう、帰るに帰れんねえ」って言ってたら、控え室から出てきて挨拶に来てくれた。何かお互い、どうしたらいいのかわからない、という感じで、島屋選手が一言言って(徳島アウェイに来てくださいと言ったらしい)、親指を下に向けてブーイングを要求。こちらも照れくさそうに愛を込めたブーイング少しだけ、そして、レノファ時代の島屋チャントで見送った。これを「チャントは無いだろう」と呟いていた人もいたけど、どうしてええんかわからんじゃったよね〜。とにかく来てくれて嬉しかった。

ちょっと、ここで、島屋選手をレノファ時代のチャントで送った事に一言、私見を述べておきたい。どうも、一般的には移籍した選手にそういう事をするのは、現チームの所属選手の事を考えると仁義に反するらしい。確かに所属選手に対して失礼なのかもしれない、相手サポーターは「なんだかな〜?!」と思うかもしれない。島屋選手への愛情を不器用な形で出してしまった事になるのかな?結果としては(お別れの言葉を未だ言えてなかったしね)。だから、もし、レノファの大切な選手達がこれを読んでいてくれたとしたら、そして、嫌な気持ちになったとしたら「許してください」というのが、一緒にチャントを歌った私個人の気持ちです。

〜今の選手達のことをとても大切に思っていることはわかって欲しい。だから、次からも応援したり、設営したりするために身体鍛えるので許してくださいね(笑)。

それにしても、この週末の桜満開は綺麗ですね!



今日はその後直ぐに退出。自転車をガシガシ漕いで帰宅。急ぎクライミングウェアに着替えて車でボルダリングをしにジムへ。二週間ぶりの壁登りに張り切って行ったものの、のっけから疲れて眠い。昨晩は少し夜更かししてしまったのでコンディションは良くない。やはり睡眠は大事。でも、今日は遊び切ると決めていた。登っていくうちに段々と調子が出てきた。しかし今日は少し蒸し暑い。でも、いい汗が流せた。

今日は土曜日だし、明日もオフだし、今日はとことん楽しもうっていうことで目一杯やってみた。今、とても心地よい疲れに支配されている。

明日は休養。そして週明けから頑張って、次の土曜日も維新スタジアムからの「とことん」楽しむパターンでいきたいところだ。

身体鍛えてまた行くけえ、練習頑張れ、選手達!よろしくね。

2017年4月 2日 (日)

したたかに、行こう!

昨日の水戸戦は、お家でDAZNなTV観戦でレノファの闘いを観ていた。

今週は少し寒い日が続いたせいか、鼻から喉にかけての調子が今ひとつ、とりあえず、いつもの10分間ワークアウトトレーニングは月、火、木と続けてきたものの、日曜日が仕事で土曜日も色々と用事あり、ということで静かにTV画面を眺めつつ、レノファに念を送っていた。

試合は、、、
前半こそボールを支配されていたが、後半はかなり攻め込んで、ヨシヨシと思っていたところであったのだが!水戸の前田選手に俊足を生かした鮮やかな「ひとり速攻」から先制点を蹴り込まれてしまった。昨年は松本にいて脅威を感じさせてくれた、坊主頭のエネルギッシュな「やり手」であったよなあ。名を「大然」と申すか!荒行で鳴らした快僧のようでは御座らぬか?どうもレノファオレンジ🍊にとって坊主頭及びスキンヘッド系が「鬼門」だと思わされてしまう、そんなインパクトがあった、、、

先制点はキツいよな〜、と思っていたけど、途中から入った加藤選手と小野瀬選手の動きが効いて小野瀬選手がPKゲット、そのまま本人が左隅に。小野瀬ゴール!

厳しい状況から追いついた、これは価値ある勝ち点1ゲット。さあ〜、選手の皆様、練習頑張って次節の維新では、しっかり勝ち点3をゲットして、勝手知ったる感じでのノリノリ「山口一番」、お願いしますよ(^ ^)/
ワシも身体整えて維新に参戦するけえね!

最後に、この前の金曜日の夜、JR矢原駅から徒歩での帰り道に多分防府方面の夜景が空の雲に反射したのであろうオレンジに染まっった景色が素敵だったので、今後のレノファオレンジの躍進を祈って描いてみた。貼っておきますレノファギャラリーとして!

レノファやまぐちい(^ ^)/(^ ^)/(^ ^)/

したたかに、行こう!



睡眠大事

歳を重ねると体調管理が大事だと強く感じる。スポーツを楽しもうとすれば特にそうだと思う。

50代の前半に「ハセツネカップ」という過酷な登山系の大会に出場した時に比べて、確実に体力は低下してきていると感じる。でも、スポーツは楽しみ続けたい。今はボルダリングを続けたいと思い、色々と考えながら過ごしている。

その中で、重視しているのが、食事。何といっても身体を維持するためには、日々の食事が基本、若さだけで乗り切れていた昔とは違うのだ!だから、食事は適切な量を良く味わって食べるようにしたいと心がけている。若い頃の早食いの悪癖が顔を出さないように注意しながら。

もう一つ大事にしたいのが「睡眠」。金曜日に夜更かしをした土曜日の壁登りのパフォーマンスは明らかに低下する。というより、睡眠の質が仕事に影響するので重大事なのである。今後の楽しい人生は、しっかりと働き続けてこそ維持できるものなのだ。定年後も「毎日が日曜日」なんて言ってちゃダメなんだ、多分。

最近、気になる本が出版された。「スタンフォード式最高の睡眠」西野精治 著(サンマーク出版)。今やスポーツ〜トレーニング関連は科学的根拠に基づいた適切なアドバイザーが必要なのだ。本をコーチにして自己責任でもって自身に適用していく。Amazonで電子版をポチってみた。

ノンレム睡眠の最初の90分の「質」が重要だということ。

しっかりと実践しよう。成果は「壁登り」と「レノファ後押し」に出てくるか?乞うご期待、という感じで、
楽しみ(^ ^)v

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31