無料ブログはココログ

山情報共有サイトのヤマレコ

« もう一つの柱 | トップページ | ギャラリー明日はキャプテン! »

2017年4月21日 (金)

この時期の女王蜂は苦労人なのだった

先日、朝起きて細君の部屋を開けて縁側に出てカーテンを開けようとすると、部屋に入るな、という。

中に雀蜂を閉じ込めたから入ってはいけないと。

細君が言うには、朝起きたら、ぶんぶんと羽音がして、見上げると豆球を点灯した蛍光灯の笠の中に入っていたそうな。

そうっと部屋を開けるも、蛍光灯にはいない。と、細君が、「後ろっ!」と言うのでギョっとしつつ振り向くと、壁に止まっていた。

一旦、部屋を閉めて、園芸用のつっかえ棒に針金ハンガーを折り曲げてガムテープで固定してスーパーなどにある、薄いビニール袋をガムテープで針金に沿って貼り付けて急造虫捕り網を製作。

再び部屋に入って壁に止まった蜂を逮捕して打ち殺した(蜂さんスマぬ、、、)。

昨年、我が家の屋根裏に巣を作ったキイロスズメバチ。またか、、、などと思い、巣が出来ていたら駆除しなきゃ、と細君が蜂駆除屋さんに相談したら、驚きの事実が!

4月は未だ越冬した女王蜂しか居なくて、単独で巣を作り、働き蜂を産んで、そこから働き蜂に護られながら、せっせと働き蜂を産み続け、たった1匹の女王蜂候補を働き蜂に育てさせるのだそうな。

働き蜂は全て雌で、卵管が変化してあの怖い毒針になるのだそうな。そして、家族を維持するために蜜蜂などを襲うのだそうな。

女王蜂はお嬢様として至れり尽くせりなのかと思っていたが、苦労人、いや、苦労虫だったのだなあ。でも、巣を作ってもらっては困るのだよ!

だから、先日の女王様の供養のために飛翔する雄姿を描いてみた。女王様、安らかに、、、

« もう一つの柱 | トップページ | ギャラリー明日はキャプテン! »

あれこれ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1694998/70334496

この記事へのトラックバック一覧です: この時期の女王蜂は苦労人なのだった:

« もう一つの柱 | トップページ | ギャラリー明日はキャプテン! »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31