無料ブログはココログ

山情報共有サイトのヤマレコ

« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »

2017年6月

2017年6月29日 (木)

相思相愛ということ


!!!当ブログ管理者注!!!
「おらが街のサッカーチーム」カテゴリーの記事は、私の一方的な「レノファ愛」を語っている以外の何物でもありません。
当然のことではありますが、レノファ山口フットボールクラブ、運営ボランティア団体の「TeamBONDS」及びサポーターズクラブの「ヤマグチスタ」の名称が出てきたとしても、私が勝手に後押しやお手伝いをしているだけの、単なる私個人の視点で書いているものであリ、当ブログ記事と上記団体との直接的な関係性は全く無いことを、ここにお断りしておきます。
!!!以上、当ブログ管理者注!!!


JFLからこれまで、心配なくらい順調に駆け上がってきたレノファ。

今季になって、遂に、心配していた「試練」がやって来た。

名古屋グランパスに快勝して以降、9敗1分と勝ちに見放され、最下位に沈んでしまった。

勝てずに悔しそうに挨拶に来る選手達、どう声をかけて良いのか迷いながら選手達のことを思いやる応援者達。

応援者の中に居る私も、「とにかく次も来るから頼む」的な声をかける。

辛抱の日々。でも、前節の熊本で久しぶりの勝利を手にした時にようやく、選手達も心境を明かしてくれた。自ら進んで夕方のニュースで語ってくれた三幸選手。

今日は鳥養選手から県に宛てたメッセージをTwitterで見た。

胸が熱くなった。凄く嬉しかった。負けても信じて暖かく声援をくれた応援者達のために闘ってくれていた。しっかりと我々の思いが伝わっていた。

選手達と応援者達がお互いを思い合い、掴んだ結果。

相思相愛ということ。雨降って地固まる。

その健やかな時も、
病める時も、
貧しい時も、

これを愛し、
これを敬い、
これを慰め、
これを助け、

レノファある限り、真心を尽くすことを

誓い合った選手達と応援者達。レノファファミリアの絆!


ここに永遠の愛を誓った!ということになるのだろうな、うんうん!

ここから、

「日本で一番愛され強いクラブをオール山口で作り上げましょう」

との鳥養選手のメッセージ通り、満員の14,950人で埋まった維新スタジアムから新しい伝説を育んで行くのだ!!!
We are RENOFA!夢みた景色へいざ!


Go NOW !!!

2017年6月25日 (日)

リフレインが叫んでいる「山口一番」



!!!当ブログ管理者注!!!
「おらが街のサッカーチーム」カテゴリーの記事は、私の一方的な「レノファ愛」を語っている以外の何物でもありません。
当然のことではありますが、レノファ山口フットボールクラブ、運営ボランティア団体の「TeamBONDS」及びサポーターズクラブの「ヤマグチスタ」の名称が出てきたとしても、私が勝手に後押しやお手伝いをしているだけの、単なる私個人の視点で書いているものであリ、当ブログ記事と上記団体との直接的な関係性は全く無いことを、ここにお断りしておきます。
!!!以上、当ブログ管理者注!!!


帰りの夜道を自転車を漕いでゆっくりとお家に帰っていた。頭の中でリフレインが叫んでいた。ユーミンの歌では無くて「山口一番」が!

長い長〜〜いトンネルだった。レノファは強かった。

そうなのだ。今までは間も悪かったし運にも見放されてたのだと思った。これまでも弱いのじゃなかったよね。強かったんだよ。でも呪縛を解くには倍くらいのエネルギーが必要だったのだろう、などと勝手に思っている。

今日はCorazonでの初PV。今日は勝ちそうな気がして、というか、とにかく大勢で観れば勝ちそうな気がして、その場合はレノファオレンジな皆様と喜びを分かち合いたくてPV参戦したのだ。

今日は、こんな祈りを込めた念を熊本に向けて呟いておいた。

レノファトレインをRENOFA EXPRESSに見立てて、
「走れ!走れ!俺達を乗せて
勝利のゴールへと向かって
進め 進め とどまることなく
勝利のゴールへと向かって 行こう!」

そんな思いに応えてくれたのがレノファの選手達。今日は最初からアグレッシブに攻め立てて、決めてくれたのがキシ君だった。

今日のキシ君はいつもの通り気合いが乗っていた。彼が得点してくれたことが凄く嬉しかった。


そして、皆できっちり守って、速い切り替えで攻撃を継続できていたことも素晴らしくて嬉しかった。更に星君が追加点を決めて2-0の完勝。待ちに待った山口一番。

やったああああ、山口一番!!!


予定通りCorazonの中で最高のハイタッチ、みんなの笑顔が素敵にオレンジ色に輝いていた、気がする。

帰り道、山口一番がリフレインしている頭の中で、良かった、レノファが好きで本当に幸せだと、嬉しい気持ちを噛みしめていた。

さあ、お楽しみはこれからだ。反撃開始だ。張り切って行こうゼ!!!We are RENOFA!

追伸:
Corazonに行く前にすぐ近くのレノファショップで、鳥養キャプテンと吉満選手が一日店長ってtweetがあったので早速行って気合いのこもったサインをいただきました。ありがとうございました。そして、お疲れ様でした。




2017年6月24日 (土)

クライミング講習会


6年間ボルダリングを続けてきた。

クライミングにハマるきっかけは、それ以前に体験したクライミング講習会だった。登山の岩場通過のための練習くらいの気持ちだった。その時の補助講師が今のホームジムの社長さんだったので、ジム開設まもなくからジム通いが始まったのだった。

ボルダリングは今も楽しんでいる。というか、その奥深さに益々惚れ込んでいる。しかし、いつも土曜日午前中に一緒になる常連さんが県セミナーパークの人工壁利用資格の認定を取ったという話を聞いて、リードクライミングもやりたくなった。そこで、とても久々にクライミング講習会にエントリーしたのだ。講習会はトップロープだけどまずは入り口から始めるのだ。

ネットから県の生涯学習推進センターというところにエントリーをすると葉書が送られてくる。多数の場合はキャンセル待ちとなる場合もあるが、今回は当選、本日が実施日。


前日にはホームセンターで荷台ロープの5mを購入してダブルエイトノットの練習をしてやる気満々だった、のだが、、、





当日は生憎の雨、ということでボルダリング小屋での講習会。でも私が認定取得希望を講師に申し出ていたので、ボルダリング壁の上にある支点にロープをかけてのロープクライミング訓練をセットしていただけた。リード目指すのだから確保が大事なので真剣に取り組んだ。

認定を取るには平日に連絡して認定講習を受けるように連絡方法を伝えられたので、これからの有給休暇をクライミング講習に当てよう。出来れば、ホームジムの周南店にあるリード壁で訓練しときたいものだ。

終盤はボルダリング壁を各自自由に攻めることとなり、私は水を得た魚で残り時間も十分に楽しんだ。

益々クライミングが楽しくなってきたぞ。

I ♡climbing!張り切ってガンバ!

2017年6月21日 (水)

レノファらしくあって欲しい


!!!当ブログ管理者注!!!
「おらが街のサッカーチーム」カテゴリーの記事は、私の一方的な「レノファ愛」を語っている以外の何物でもありません。
当然のことではありますが、レノファ山口フットボールクラブ、運営ボランティア団体の「TeamBONDS」及びサポーターズクラブの「ヤマグチスタ」の名称が出てきたとしても、私が勝手に後押しやお手伝いをしているだけの、単なる私個人の視点で書いているものであリ、当ブログ記事と上記団体との直接的な関係性は全く無いことを、ここにお断りしておきます。
!!!以上、当ブログ管理者注!!!


今日は天皇杯、維新スタジアムの平日ナイトゲームということで、時差出勤して4時過ぎに退社。行きつけの散髪屋さんに行ってレノファの話しながら、いつもの通りの芝刈り(3ミリ)で維新の芝のようにスッキリ。負けのスパイラルを脱したく、、、まあ気持ちの問題として。

そして、いつもの10分間ワークアウト(ぶら下がり系)で腕をパンパンに鍛える。これで万全。自転車で維新スタジアムに行く。売店で素早く補給してゴール裏へ入場。結構入っている。相手はザスパクサツ群馬、天皇杯とはいえ勝っておいて欲しい相手、というか、この辺で勝ち癖をつけて欲しい。

ところが、、、前半は精彩を欠きあっさりと2失点。なーんか覇気が感じられない(スマン!気がしてしまったのだよ、ゴール裏から観る限りは、、、)、普段出られない選手はここでアピールしなきゃ、、、なんて思ってしまった。コリャちょっと悲しいぞ、、、?!

殆どいいとこ無しの前半終了。ハーフタイムには、つい、不満な気持ちを呟いてしまった。そりゃ、次の熊本戦が大事なんだけど、レノファらしくあって欲しいのだよ!!!

後半は0-0と思ってリスタートしようぜ!と呟いたりもした。後半からはより、腹の底に力を込めて歌い叫んだ。ダイエット効果抜群(笑)。

すると、どうだろう、後半はアグレッシブに攻め始めた。そうそう、レノファらしく観てワクワクするサッカーしようよ。1点返してくれてボルテージは一気に上昇した。ゴール裏の雰囲気も一気に盛り上がる。これこれ、これでなくっちゃ!

しかし、1-2のままタイムアウト。

遅いんだよなあ〜。火が付くのが、、、
今度はリーグ戦、最初から熱く、頼みますよ。結果はともかく、90分間+α、熱くレノファらしいサッカーを魅せてくださいよ!!!

次こそはレノファファミリー、レノファらしく熱く行こう!We are RENOFA!誇り高く。


追伸:
その後、Twitterでマジョールさんのコメント見つけて思った。

今日の前半についてだけど、次の大事なリーグ戦控えて色々試してみたんだろなって今は思える。後半、見せ場を作ってくれてありがとうネ。今日も悔しかったけど、レノファが好きで幸せじゃ、おぢさんは。

きっと熊本では面白いサッカーを魅せてくれると思う。ネ、マジョールさん。

2017年6月18日 (日)

国敗れて山河あり〜オレンジギャラリー



!!!当ブログ管理者注!!!
「おらが街のサッカーチーム」カテゴリーの記事は、私の一方的な「レノファ愛」を語っている以外の何物でもありません。
当然のことではありますが、レノファ山口フットボールクラブ、運営ボランティア団体の「TeamBONDS」及びサポーターズクラブの「ヤマグチスタ」の名称が出てきたとしても、私が勝手に後押しやお手伝いをしているだけの、単なる私個人の視点で書いているものであリ、当ブログ記事と上記団体との直接的な関係性は全く無いことを、ここにお断りしておきます。
!!!以上、当ブログ管理者注!!!


「国敗れて山河あり」

例えは変かも知れんけど、レノファのサッカーの流れと維新の温かさはしっかり残っている。
何も心配することはないんじゃけえね。

昨日も残念な結果だったけど、レノファのサッカーはしっかり躍動していた。そして2点を奪い返した。

三幸選手が良い働きをしていた。


1点目は小塚選手


2点目は気迫の岸田選手


まだ、結果が出ないけど、良い流れは確実に来ている。あとは少しのところで華開くのではないだろうか。期待しようぢゃないか!!!

金沢戦の翌日曜日の午後からレノファの里駅であるJR山口線の矢原駅からプチ列車旅に出た。目指すは山陽線の厚狭駅。新幹線側のほど近くにある富士輸送機ホール(山陽小野田市文化会館)に行くため。

熱きレノファサポート歌手に会いに行くのだ。レノファ応援歌の「ORANGE」を歌うシンガーソングライター、水本論さんのコンサートが開催される。レノファを後押しする仲間として彼をしっかりと聴くために。


厚狭駅の新幹線口に降り立つとそこはのどかな風景が展開していた。大きい建物は駅前のマンションと少し離れたところに直ぐにそれとわかるホールが見える。



徒歩5分位で到着。駅からのアクセスは上々である。中には立派な大ホールがあった。


水本さんはレノファの試合日程を考えて今日6月18日(日)にしてくれたという熱心なレノファオレンジャーなのだ。ご本人は「父の日だったのは誤算、やっちまった」っていって笑いをとってたけど、子供が巣立ったおぢさんにとっては最高の父の日が過ごせたと思う。ありがとう、水本さん。

コンサートは出だしからフルパワーで始まった。いつもの維新で見てたミニコンサートからすれば予想外の大迫力で始まった。でも、大音響に埋もれない素晴らしいボーカルを聴かせてくれた。もう、のっけから引き込まれちまったなあ!

ORANGEは地元の竜王太鼓保存会とのコラボでレノファオレンジ🍊に染まった盛大なバージョンで感動した。こりゃハーフタイムショーでも観たい程素敵なものだった。地元を大切にするミュージシャンって素晴らしい。START LINEのMIKKOさんと双璧だと思う。本当に最高なレノファオレンジファミリーの仲間だと思う。こんな素敵なミュージシャンに引き合わせてくれたレノファに感謝したい。

全ての楽曲が馴染み良くて歌声に聴き惚れていた。明日からまたレノファ後押しのフルパワー充電が完了した。

さて、レノファは水曜日に天皇杯でザスパと対戦する。ここからをSTART LINEにして欲しいと熱望する。
そう、レノファオレンジ戦士達は覚醒する。きっと。
心の故郷、維新で!手がつけられなくなる位に。

天皇杯、楽しみにしちょるよ!!!

2017年6月13日 (火)

「レ昇る」としての今後のこと

おらが街のサッカーチームを応援している「レ昇る」としての私の立ち位置から今後、どうするのか?

この週末からずっと、考えていた。

ある人の呟きに「ハッとしてどきりとした」のだ。思慮なく中途半端な人がやる事は「中途半端」にしかならない、と言う意味の呟きだったのだけど、、、まるで自分の事のように思えたのだ。

というか、中途半端な自分としては、今までの事をきちんと整理して「方針」のようなものを持っておかなければならないと考えていたのだ。

レノファが好きだけど壁登りも好き。レノファを一生懸命後押ししたいけど、レノファのために自分を犠牲にするつもりはない。

前日設営だけは一生懸命お手伝いするけど、尊敬するBONDSの皆さんのような献身的な運営までは自分にはとても出来ない(ホームゲームは観たい)。

ヤマグチスタの幕張りや片づけくらいは、出来る時は手伝うけど、ヤマグチスタに浸りきれない。

そのような中途半端な男なのである。だから、中途半端な男なりにケジメはつけておきたいと思ったのだ。

今の自分がどうしなければいけないか?っていうのも、ウェブサイトを運用したり、ブログを書いたり、絵を描いてtweetしたりしてきたけど、この辺りできちんと整理しなければいけない。

色々と自分で楽しみながら盛り上げたいと、これまで自分のできる範囲でやってきた。

ウェブサイトについて。維新は車の違法Pなどせずとも合法的に安い料金で少し手間をかければ列車やバスで結構便利に行けるのに、、、と思いつつもその頃のレノファ公式の案内は貧弱だった。そこで自分のウェブ知識で遊んでみたようと思って始めたのだが、J2に上がってレノファ公式などが充実してきたので、私のウェブはシンプル化して、私ができる道案内に限定することにした。

ブログについて。自分のレノファの思いを、最初は密かな遊びとして諸々のことと共に書いていたのだけど、ある人に紹介されてだんだんとアクセスが増えていき、面白がって調子に乗って連続的に「おらが街のサッカーチーム」カテゴリーの中で書き続けてきた。だけど中身といえば、単なる個人の思いとその日の気づきなどを書いていただけで余り中身のないものに過ぎない。時々自分で描いた絵も載せてギャラリー的な特徴を足していたリはする。自分勝手に書き綴った記事であるにもかかわらず、レノファサポの代表のように誤解されては本当に本当に困るので、今季からの記事には次のような注釈を先頭に置くことにした。



!!!当ブログ管理者注!!!
「おらが街のサッカーチーム」カテゴリーの記事は、私の一方的な「レノファ愛」を語っている以外の何物でもありません。
当然のことではありますが、レノファ山口フットボールクラブ、運営ボランティア団体の「TeamBONDS」及びサポーターズクラブの「ヤマグチスタ」の名称が出てきたとしても、私が勝手に後押しやお手伝いをしているだけの、単なる私個人の視点で書いているものであリ、当ブログ記事と上記団体との直接的な関係性は全く無いことを、ここにお断りしておきます。
!!!以上、当ブログ管理者注!!!


こうすれば、普通、面倒くさくて読む気がしないだろうから。それでも読んでくれる人だけが読んでくれれば十分なのだ。

絵を描いて公開することについて。絵は好きなので、続けたい。実際に「楽しみにしてる」と言ってくれた人もいるし。一人だけでも、そう思ってくれる人のために絵を描いてUpしたい。ただし、公表するのに適するように考えて。

以上が私の今後の方針である。

このスタンスで「中途半端」ながら一生懸命、レノファの後押しを楽しみたいと思っている。

2017年6月12日 (月)

悔し悲し嬉し


!!!当ブログ管理者注!!!
「おらが街のサッカーチーム」カテゴリーの記事は、私の一方的な「レノファ愛」を語っている以外の何物でもありません。
当然のことではありますが、レノファ山口フットボールクラブ、運営ボランティア団体の「TeamBONDS」及びサポーターズクラブの「ヤマグチスタ」の名称が出てきたとしても、私が勝手に後押しやお手伝いをしているだけの、単なる私個人の視点で書いているものであリ、当ブログ記事と上記団体との直接的な関係性は全く無いことを、ここにお断りしておきます。
!!!以上、当ブログ管理者注!!!


昨日(5月11日日曜日)、久々に維新スタジアムにレノファが帰って来た。しかも、マジョール新体制での初戦、batalla del domingo「日曜日の決戦」である。


今季2番目になる6061人が見守る中、熱い闘いが繰り広げられた。開始早々から岡山はゴールに近い位置からのスローインを全て速い軌道のロングでゴール前に放り込んでくる。これに若干バタついた?レノファ側の隙をついて早々の2分にゴールを奪われてしまった。

うーん、連敗中でセットプレーに不安のあるレノファに対して痛いとこつくなあ、、、

結局反撃もままならず、0-1で負けてしまった。とても悔し悲しかった。でも、選手達は一生懸命闘っていた。結果が出ないというのは苦しい。選手達も悔しいだろうな。Twitterを見ると選手達にとって声援が確実に届いているようなので、これからも頑張って声援を送ろう。

声援が力といえば、今日、こんなことがあった。

このところの連敗、上野さんの解任、マジョール新体制の発表と、色んなことがあり、盛り下がったり上がったリしつつ、Twitterでフォロー関係を確認してると「あー、あの人からフォロー外されたんだ、どうしたんだろう、レノファと壁登りゴッチャで鬱陶しかったかな?それとも、、、」なんてフォロー関係を整理してから、「まっ、しょうがないな、、身から出た錆びか、、、」などと思いつつ、一週間の疲れもありつつ、落ち込み気味な気分で待機列に並んでいた。そこに、「あのー、すいません、もしかしていつも絵を描いている人ですか?」と私の絵を貼ったディパックを指して女性グループの方々が声をかけてくださった。Twitterなどに上げている絵を見ていただいているようでお褒めの言葉をいただいた。心にポッと灯りがともる感じ、これって、凄く元気が貰える。褒め言葉や声援って力になるんだ。だから、これからもレノファを一生懸命応援していこう。ずっと!

試合の話に戻ると、悔しくて落ち込んでいたところに岡山の守護神として頑張っている一森くんが挨拶にやってきてくれた。負けたレノファサポーターを前に、少しきまり悪そうに照れくさそうに、受けとったトラメガで訥々と「別のチームだけど、全力で闘ってサッカーで社会を元気にしていけたら、と思います。」と語ってくれた。彼はレノファがJFLに昇格したときに新卒でここへ来てくれて、一生懸命にレノファのゴールを護り続けてくれたヒーローであった。私にとって年齢的には息子みたいなカワユい存在である。うんうん良いねえ、とても素晴らしい演説だったよ。これからも頑張って成長してな。ジーンときた。嬉しいね。とてもホッコリさせてくれて、敗北にしょんぼりしていた心に灯をともしてくれた。ありがとう一森くん。


さあ〜、まだまだこれから。

マジョールさん、選手達、スタッフさん、一生懸命応援するので、共に頑張りましょう!我らレノファファミリーに幸あれ!!!

2017年6月 3日 (土)

負けたけど、良くなってるんじゃない?


!!!当ブログ管理者注!!!
「おらが街のサッカーチーム」カテゴリーの記事は、私の一方的な「レノファ愛」を語っている以外の何物でもありません。
当然のことではありますが、レノファ山口フットボールクラブ、運営ボランティア団体の「TeamBONDS」及びサポーターズクラブの「ヤマグチスタ」の名称が出てきたとしても、私が勝手に後押しやお手伝いをしているだけの、単なる私個人の視点で書いているものであリ、当ブログ記事と上記団体との直接的な関係性は全く無いことを、ここにお断りしておきます。
!!!以上、当ブログ管理者注!!!


今日は午前はジムでボルダリング、とことん楽しんで、ヘロヘロになって夕方からDAZNでレノファ、横浜戦を観戦した。

前節に続いてレノファは悔しい悔しいPKを取られ、その1点が響いて0-1の敗北。凄く悔しいけれども、選手達は良く闘っていた。結果は出ていないけれども、きっとこれから良い事があると予感させてくれた。

嬉しかったのは前節から帰って来てくれた三幸選手が良いプレーをしていた事。

三幸、よう帰ってきてくれた。うんうん。ええプレーじゃった。維新でまっちょるけえ、頼むヨ〜!


それともう一つ、福元選手も帰って来た事。渡辺選手とともに良いディフェンスを魅せてくれていた。

だから、次が楽しみじゃ!

次は維新での岡山との闘い。身体鍛えて良い準備をして楽しむことにしよう!!!

« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31