無料ブログはココログ

山情報共有サイトのヤマレコ

« 2017年8月 | トップページ

2017年9月

2017年9月17日 (日)

壁登り後レノファ

今日はセミナーパークのクライミング施設利用認定を受けての初クライミングの日。ジム仲間のMさんに施設の予約をしていただいていたのだ。

いつもとは違う高い壁。ビルの3〜4階の高さまでロープ(命綱)をつけてビレイヤーという、下でロープを繰り出したり張ったりしてくれる人に命を預けて登っていくのだ。

登る人は途中途中で壁に設置してあるカラビナを丈夫なベルトで結束したクイックドロー(通称ヌンチャク)〜一方のカラビナは壁側に固定されている〜の付近を通過する毎に自分のハーネスに結びつけたロープをかけていく。落下した時はこれを支点に落ちてロープを引っ張る自分とロープを確保器で引き止めるビレイヤー側とでバランスして(引き分けにして)落下を停止させるというものだ。


上に行く程にスリルが増す。そして、腕が疲れていく。怖くなったら、「テンションお願いします」と叫んでロープを張ってもらう。こうすれば落ちてもビレイヤーも心の準備ができるしロープを張った分落下距離が少なくて済む。当然、チャレンジすれば予期せぬところで落下することになりビレイヤーがブレーキしてロープが張るまでの間にかなり落下する。それはクライマーにとってもビレイヤーにとっても怖いものだ。だからその辺は慎重に登る。

人の命を預かるので、傷害保険に入ることは大切である。車の運転と一緒だ。だが、危険な行為が前提なので普通の保険、例えば車の任意保険に付属の乗車時以外の傷害賠償特約では保証対象外となる(保険会社に聞いてみた)。だから山岳登攀特約のついたもの。いわゆる山岳保険という、山岳遭難にも対応するもの、これに対人賠償保証の特約をつけたものが必要になる。クライミングを含め登山の保険は大切だと思う。もともと、ハセツネという登山大会にエントリーする条件に山岳保険加入があり加入して継続していたのだが、対人賠償型で無かったので入り変えた。年額8000円位のものである。

今日のクライミングは、台風の影響で雨が降っていて同時に借りていたボルダリング部屋だけしか利用できないかと思っていたが、風が無かったし、上にいく程に反ってお辞儀した形状の壁が雨よけとなり壁面も乾いていたので登ることができた。

高度を稼ぐ毎に落ちないようにする事に必死でいつものボルダリングのようにホールドの課題テープをたどる余裕も無く、最上部に到達せぬまま途中で降ろしてもらったけど、この爽快感は病みつきになる。他の人達も楽しめたようだ。また、次回も企画することにして解散した。Tさん、Nさん、Tさん、ありがとうございました。次回も楽しみましょう。

15時に終了。県セミナーパークを後にして帰宅。クライミングモードからレノファモードに装換して自転車で維新スタジアムに出かけた。遅めの入場も一人分の席なら空いているので程なくいつものエリアに無事着陸。

試合は岐阜にボールを支配され続け、さらにラモス選手の一発レッドで10人となり相当に攻められ続けたが、吉満選手のスーパーセーブとディフェンスの頑張りと岐阜の詰めの甘さで後半終了間際までカウンター狙いで耐え続けたが、上に登りきれず、力尽きてテンションも虚しく「確保しきれずに落下」してしまった、という感じであった。

とても悔しい悔しい結果に終わったが、今日の良かったこと。吉満選手が素晴らしいパフォーマンスを見せてくれたこと。最後のはどうしようもなかったけど、しっかり飛んでいたようだった。ナイスファイト!



試合後には庄司選手が挨拶に来てくれた。レノファを今の舞台に連れて来てくれた功労者は深くお辞儀をして爽やかに去って行った。庄司コールで見送った。泣きそうな気持ちと嬉しい気持ちがごちゃ混ぜになった。庄司選手、これからも頑張ってください!

とても辛い結果だけど、ひたすら応援するしかない。どこまで行ってもレノファはレノファ。2部だろうが1部だろうが3部だろうが、レノファがある限りはレノファオレンジファミリアと共に応援し続けよう。

そして信頼できる仲間と共に壁を登り続けよう。

身体がついていく間は「レ昇る」で居たい、と、プレ還暦59歳を迎えたばかりの今はそう熱望している。

2017年9月10日 (日)

レノファ、絵、壁登りである訳

ちょっとレノファと関係の無い話題から始まる。

というか、今回、おらが街の・・カテゴリーにしてはレノファの話題が直ぐに始まらない。

いつもの前置き口上も付けない。今回の本文自体が前置き口上のようなものだから、、、

仕事が終わった金曜日の夜。最近ウィンドウズパソコンに導入した新しいドローイング系のアプリ「クリップスタジオPro」で絵を描いていた。

描き進んでいると、ウィンドウズ10 の更新の準備ができた旨の通知が表示された。絵描きの休憩のつもりで更新をインストールすべくパソコンを再起動した。終了するまでに凄く時間を費やして中々終わらなかったが、日が変わる前になんとか終了した。ウィンドウズを再起動すると動作が極端に遅くなっている。訳が分からない。結局、上手くウィンドウズが起動しきれぬままにシャットダウンしてこの日は途中終了。

翌朝、パソコンをセーフモードで立ち上げてディスクのCドライブをクリーンアップ。通常モードで再立ち上げ後にウィルスバスターでウィルススキャンして異常は無かった。悪いウィルスに騙された訳では無いようだ。それからシステムチューナーも実施した。これで何とかパソコンのパフォーマンスは復旧した。そう言えば、昨日の更新待ちの際にNHKのニュースで何でも「太陽フレアのせい」にするのがこの日のトレンドワードであったということを紹介していた。いっそ、私のPC不調も太陽フレアのせいだ!と言っておこうか(笑)



ともかく復旧したPCで絵を仕上げてTwitterにUpした。そうすると、レノファ系フォロワーさんからリクエストが来た。「ベンツCのカブリオレ」。ネットで写真を検索して、これは、というのをモデルにしてボールペンで素描してUpした。一般に車と鉄道の絵は人気があるようだ。


そうこうしてるうちに昼過ぎとなり、シート貼りに維新公園に自転車で向かった。13時に待機列チェック、シート貼りを終えてコーヒーを飲みにタリーズに行った。ここで素描をベースにしてオレンジのスポーツカーに仕上げることを思いつきiPhoneアプリArtStudioに素描を読み込んで仕上げ開始。結局、維新公園に戻って入場後のゴール裏スタンドで仕上げて試合開始直前にUpした。


最近の私は「日曜イラストレーターをやることがレノファの次の試合までのモチベーションアップになっている。人に見て貰うっていうのは楽しくて、もっと鍛錬したいという気になって盛り上がって行き、絵を描くことを楽しみながら次の週末に繋がる。人間、進歩が実感できれば生きることも楽しくなってくるものだ、、、

レノファの後押しを始める前は仕事以外に生きていく意味を見出せなくなっていた時期があった。

50歳を超えた頃から仕事以外の時間が不安で仕方なくなっていた。常に何かに没頭できていなければ不安が消えなかった。回遊性の魚が泳ぎ続けなければ呼吸できないように。

そこで、余暇は山を一人で走破して過ごしていた。しかし、より遠く深く高くを求め始めてしまう。そうすると遭難のリスクが大きくなってくる。加齢の影響も考えなければならない。そこから講習会を通じて壁登りに出会った。街場のジムやクライミング施設で登る分には怪我はあっても遭難の危険は無いので家族も安心してくれるというものだ。

そして、JFLに上がったレノファの壮行会に参加したのをきっかけにレノファの後押しも始まった。

J3を闘うレノファの選手の絵を描き始めてから絵が習慣化していった。

壁登り、レノファ、絵、これらが仕事以外の時間(不安)を埋めて心を活性化してくれると同時に、確実に自分にとってプラスになっている、というか、これらがなければバランスが取れない。今の鍛え続けている筋肉のバランスを崩せば身体のどこかが痛くなってしまうように。

そんな訳で、本当に「レノファ」の存在には感謝している。だから、自分なりに一生懸命後押ししたいと思っている。

、、、随分と前置きが長くなってしまったが、ということで、、、

絵をアップし終えて直ぐに試合が始まった。相手は湘南ベルマーレ!山口の維新スタジアムで敵としておらが街のクラブが迎え撃つ。こんな環境が山口にやって来た!この事実だけで十分に嬉しいと思っているのでそもそも、今日は楽しいのである。

試合はまたもや先制された。しかし小塚選手の相手と競りながらの技ありゴールで同点。そして岸田選手のファインヘディングで逆転。ここで私は有頂天。しかし、オウンゴールで同点になってしまう。ここで前半終了。

後半はミスもあったが、鋭くカウンターで持ち込まれて立て続けにゴールされて瞬く間に2-5。やっぱり強いわ!でもラモス選手と交代で出た大石選手が終了前に粘りのゴール。

負けて悔しかったけど面白かった。こういう試合を続けていれば良い結果が出るようになると信じて次!

ただひたすら、応援応援。


よし、明日からまた身体鍛えて絵を描いて、来週末も岐阜を維新スタジアムに迎える。庄司選手、絶対負けんよ!!!

練習頑張った選手達のプレーを観るために、また、いつものように身体鍛えて、仕事頑張って、絵描いて、維新スタジアムにやって来るのだ!

2017年9月 2日 (土)

くじけなかったレノファミリア最高!


!!!当ブログ管理者注!!!
「おらが街のサッカーチーム」カテゴリーの記事は、私の一方的な「レノファ愛」を語っている以外の何物でもありません。
当然のことではありますが、レノファ山口フットボールクラブ、運営ボランティア団体の「TeamBONDS」及びサポーターズクラブの「ヤマグチスタ」の名称が出てきたとしても、私が勝手に後押しやお手伝いをしているだけの、単なる私個人の視点で書いているものであリ、当ブログ記事と上記団体との直接的な関係性は全く無いことを、ここにお断りしておきます。
!!!以上、当ブログ管理者注!!!


勝っても負けても、我が選手達を励ましてきたレノファミリア、今日も只ひたすらに応援応援!


そしてそれに応えるレノファオレンジ共和国の戦士達。相手の攻撃を耐え忍んで少ないチャンスにファインゴール、さらに速攻で相手ゴールを脅かし、平井キーパーコーチの現役復帰という漢気に応えた吉満選手がしっかりゴールに鍵をかけ、危ないスコアを1失点で乗り切った。

強豪、京都をアウェイで堂々のチームサッカーで勝利した。

格別の山口一番。


この熱き熱き山口維新オレンジレノファミリア!

素敵じゃ本当におめでとう!

We are RENOFA!これからも常に全力応援!

維新からオレンジの熱き風を吹かすのじゃ!!!

題して「レノファオレンジ・ジェダイの復讐」


« 2017年8月 | トップページ

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30