無料ブログはココログ

山情報共有サイトのヤマレコ

クライミング

2017年9月17日 (日)

壁登り後レノファ

今日はセミナーパークのクライミング施設利用認定を受けての初クライミングの日。ジム仲間のMさんに施設の予約をしていただいていたのだ。

いつもとは違う高い壁。ビルの3〜4階の高さまでロープ(命綱)をつけてビレイヤーという、下でロープを繰り出したり張ったりしてくれる人に命を預けて登っていくのだ。

登る人は途中途中で壁に設置してあるカラビナを丈夫なベルトで結束したクイックドロー(通称ヌンチャク)〜一方のカラビナは壁側に固定されている〜の付近を通過する毎に自分のハーネスに結びつけたロープをかけていく。落下した時はこれを支点に落ちてロープを引っ張る自分とロープを確保器で引き止めるビレイヤー側とでバランスして(引き分けにして)落下を停止させるというものだ。


上に行く程にスリルが増す。そして、腕が疲れていく。怖くなったら、「テンションお願いします」と叫んでロープを張ってもらう。こうすれば落ちてもビレイヤーも心の準備ができるしロープを張った分落下距離が少なくて済む。当然、チャレンジすれば予期せぬところで落下することになりビレイヤーがブレーキしてロープが張るまでの間にかなり落下する。それはクライマーにとってもビレイヤーにとっても怖いものだ。だからその辺は慎重に登る。

人の命を預かるので、傷害保険に入ることは大切である。車の運転と一緒だ。だが、危険な行為が前提なので普通の保険、例えば車の任意保険に付属の乗車時以外の傷害賠償特約では保証対象外となる(保険会社に聞いてみた)。だから山岳登攀特約のついたもの。いわゆる山岳保険という、山岳遭難にも対応するもの、これに対人賠償保証の特約をつけたものが必要になる。クライミングを含め登山の保険は大切だと思う。もともと、ハセツネという登山大会にエントリーする条件に山岳保険加入があり加入して継続していたのだが、対人賠償型で無かったので入り変えた。年額8000円位のものである。

今日のクライミングは、台風の影響で雨が降っていて同時に借りていたボルダリング部屋だけしか利用できないかと思っていたが、風が無かったし、上にいく程に反ってお辞儀した形状の壁が雨よけとなり壁面も乾いていたので登ることができた。

高度を稼ぐ毎に落ちないようにする事に必死でいつものボルダリングのようにホールドの課題テープをたどる余裕も無く、最上部に到達せぬまま途中で降ろしてもらったけど、この爽快感は病みつきになる。他の人達も楽しめたようだ。また、次回も企画することにして解散した。Tさん、Nさん、Tさん、ありがとうございました。次回も楽しみましょう。

15時に終了。県セミナーパークを後にして帰宅。クライミングモードからレノファモードに装換して自転車で維新スタジアムに出かけた。遅めの入場も一人分の席なら空いているので程なくいつものエリアに無事着陸。

試合は岐阜にボールを支配され続け、さらにラモス選手の一発レッドで10人となり相当に攻められ続けたが、吉満選手のスーパーセーブとディフェンスの頑張りと岐阜の詰めの甘さで後半終了間際までカウンター狙いで耐え続けたが、上に登りきれず、力尽きてテンションも虚しく「確保しきれずに落下」してしまった、という感じであった。

とても悔しい悔しい結果に終わったが、今日の良かったこと。吉満選手が素晴らしいパフォーマンスを見せてくれたこと。最後のはどうしようもなかったけど、しっかり飛んでいたようだった。ナイスファイト!



試合後には庄司選手が挨拶に来てくれた。レノファを今の舞台に連れて来てくれた功労者は深くお辞儀をして爽やかに去って行った。庄司コールで見送った。泣きそうな気持ちと嬉しい気持ちがごちゃ混ぜになった。庄司選手、これからも頑張ってください!

とても辛い結果だけど、ひたすら応援するしかない。どこまで行ってもレノファはレノファ。2部だろうが1部だろうが3部だろうが、レノファがある限りはレノファオレンジファミリアと共に応援し続けよう。

そして信頼できる仲間と共に壁を登り続けよう。

身体がついていく間は「レ昇る」で居たい、と、プレ還暦59歳を迎えたばかりの今はそう熱望している。

2017年7月27日 (木)

久しぶりクライミングの事

クライミング関連で嬉しかった事があったので久しぶりにクライミングのことを書いてみる。

今日は午後から待ちに待ったクライミング施設利用資格認定の日。

これまでに山口県セミナーパークで一般募集される「トップロープクライミング講習」に参加して、講師先生にクライミング施設利用資格の認定講習を受けたいと、熱く要望を伝えていたのだ。そして2回目で同じく認定希望のNさんとTさんとともにリードクライミングの指導を受けていたのだ。そして講師先生から私が他2名と希望日を調整して申し込めば認定講習を開く事を約束してくださったのだ。それで決まったのが7月27日木曜日の今日なのである。

午後からお日様が顏を出してとても暑い中、セミナーパークに到着。NさんとTさんとはメッセージで連絡を取り合ったとおりに集合。彼らもこの日この時を心待ちにしていたのだ。認定書用の写真2枚を用意して。


講習会が始まり、ひとしきり書類に必要事項を記入して写真2枚を渡す。その後、講師先生から注意事項や施設利用方法の説明を聞いた後にいよいよリードクライミングの実習。

要領は前回のトップクライミング講習の時に教えを受けて練習したので直ぐにクライムON。

買ったばかりのハーネスとロッキングカラビナ、ATC(制動器具)が活躍する。


ホールド限定なく安定のホールドを辿るのであればボルダリング歴6年の経験がものを言う。


他の人の確保も当然、認定の審査事項である。ここは事故にならぬよう、慎重にロープの出し入れを行う。

その後、講師先生が少し難しくするためにテープを貼って課題コースを作ってくださった。足は自由。順調に登って行った上部に小さなスローパーが仕込んであった。ちと滑るなあ、と言いつつ次へと右手でホールドを取りに行った時に左の手が滑って落下。確保してくれていたのは小柄な女性のTさん。少し身体が浮いたようだが、しっかり止めてくれた。ごめんごめん、落ちる予定じゃなかったのだよ。でも、イイ訓練になったね(汗)。

ここで本日の講習会は終了。落下時の確保も良く出来たし全ての動作もOK、ということで、全員合格。近日中に認定書を発送するとの事。

嬉しい。これでクライミングの幅が広がる。リードクライミングはシニアの競技会もあるし、いつかはチャレンジしたいと思う。

だからこれからは、この立派な施設をしっかり利用してさらにクライミングを楽しんでいくとしよう。

そして一緒に講習を受けたNさんとTさん、お疲れ様でした。これからも一緒に登りましょう!機会ある毎にメッセージを入れますよ!

とても楽しかった。ありがとう、山口県セミナーパーク!これからもよろしくお願いします(^^)

2017年6月24日 (土)

クライミング講習会


6年間ボルダリングを続けてきた。

クライミングにハマるきっかけは、それ以前に体験したクライミング講習会だった。登山の岩場通過のための練習くらいの気持ちだった。その時の補助講師が今のホームジムの社長さんだったので、ジム開設まもなくからジム通いが始まったのだった。

ボルダリングは今も楽しんでいる。というか、その奥深さに益々惚れ込んでいる。しかし、いつも土曜日午前中に一緒になる常連さんが県セミナーパークの人工壁利用資格の認定を取ったという話を聞いて、リードクライミングもやりたくなった。そこで、とても久々にクライミング講習会にエントリーしたのだ。講習会はトップロープだけどまずは入り口から始めるのだ。

ネットから県の生涯学習推進センターというところにエントリーをすると葉書が送られてくる。多数の場合はキャンセル待ちとなる場合もあるが、今回は当選、本日が実施日。


前日にはホームセンターで荷台ロープの5mを購入してダブルエイトノットの練習をしてやる気満々だった、のだが、、、





当日は生憎の雨、ということでボルダリング小屋での講習会。でも私が認定取得希望を講師に申し出ていたので、ボルダリング壁の上にある支点にロープをかけてのロープクライミング訓練をセットしていただけた。リード目指すのだから確保が大事なので真剣に取り組んだ。

認定を取るには平日に連絡して認定講習を受けるように連絡方法を伝えられたので、これからの有給休暇をクライミング講習に当てよう。出来れば、ホームジムの周南店にあるリード壁で訓練しときたいものだ。

終盤はボルダリング壁を各自自由に攻めることとなり、私は水を得た魚で残り時間も十分に楽しんだ。

益々クライミングが楽しくなってきたぞ。

I ♡climbing!張り切ってガンバ!

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30