無料ブログはココログ

山情報共有サイトのヤマレコ

トレーニング全般

2017年5月13日 (土)

負けないのだ、おぢさんも!


!!!当ブログ管理者注!!!
「おらが街のサッカーチーム」カテゴリーの記事は、私の一方的な「レノファ愛」を語っている以外の何物でもありません。
当然のことではありますが、レノファ山口フットボールクラブ、運営ボランティア団体の「TeamBONDS」及びサポーターズクラブの「ヤマグチスタ」の名称が出てきたとしても、私が勝手に後押しやお手伝いをしているだけの、単なる私個人の視点で書いているものであリ、当ブログ記事と上記団体との直接的な関係性は全く無いことを、ここにお断りしておきます。
!!!以上、当ブログ管理者注!!!


5月13日土曜日。レノファが維新に帰って来る日。相手は京都、フォワードに転向した長身で強いトゥーリオが居る。中々、調子の上がらないレノファ、でも、気にすることはないのだ。きっと選手達が頑張ってくれると信じているから。

朝の地元TV「どき生テレビ」で、本日の試合生中継の解説者、オレンジネクタイで完全レノファ押しモードになった福田さんが、「反省しなくても、これから頑張れば良い旨のことを言われてた。良い事言うねえ福田さん、この言葉、選手に届いて欲しいなあ。そして、練習で連携を身体に刷り込んで良いパフォーマンスをみせて欲しいな。ついでに私も、「そうだそうだ反省せずに練習だ。考え込まずに身体を動かす。自分も壁登りではそうしよう!」と、twitter で呟いてみた。あれこれ考え過ぎずにトレーニングして強くなって3級サクりと登るおぢさんになろう。

なお、「どき生テレビ」が「レノファに言いたい事」というお題でメッセージを募集してたので、メールしておいた。番組を録画して、「さあ〜」っと自転車に乗って維新公園に出かけて待機列のシート貼りに出かけた。帰って録画を観てみると、「レノ好ボルダラーさんから」としっかり読んでいただいた。嬉しい!内容は、、、

今、大きな壁を乗り越えてる途中。私は維新スタジアムに行く度にひたすら後押しを楽しむだけだと思っています。だから、、、選手達にはいつも
「練習頑張れ、わしも身体鍛えて試合観に行くけえ。」
と言いたい、と思うちょります。
山口一番歌いたい!(これは叫び)

というもの。これも選手達に届いたかなあ?



さて、その後は再び維新公園に出かけて試合を観たわけだが、前半の早い時間にゴール前でハンドの反則を取られてPKとなる。一瞬沈みかけるゴール裏の雰囲気、そんな時、「まだ点取られた訳じゃないから声出そう」的なコールリーダーさんのかけ声にハッとした。そうだ声出そう!そして思いっきり村上チャントを歌った。頼むマサアキ、止めてくれ!はたしてトゥーリオの放ったシュートを右手一本で退けた!届いたオレンジの想い。ありがとう村上!


その後、コーナーキック後に繋がれたボールを蹴り込まれ先制を許してしまう。そして後半、レノファが得たコーナーキック。このところ、コーナーが全く決まらない。しかしタオル回して「レノ・ファ・ゲットゴール、、、」などとやっていると、長身ディフェンダーのパク・チャニョンが巧みに頭で合わせてボールはゴール右隅に刺さった。またもオレンジの想いが届いた!サンキュー、チャニョン!



2人のプレイが効いてゲットした貴重な勝ち点1。山口一番は歌えなかったものの、良いゲームだった。素晴らしかった。そして隣の人と二人の活躍がいかに素晴らしかったかを語り合い、感動を分かち合ったのだった。

幕やビッグフラッグの片付けを手伝った後に帰宅して早速身体鍛えることにしてランニングウェアを着て心拍計とiPhoneを装着して快晴の気持ち良い夕方に駆け出した

おぢさんも身体鍛えてボルダリングのレベルアップを図るけえ、レノファの選手達も頑張って欲しい!この気持ち、選手達に届かんかのう。

ランついでに本日の折り返し点にした「赤田神社」に、今後のレノファの躍進をお祈りしちょったけえね。


次のホームゲームは下関での対町田戦。電車で行って後押しじゃ!

2017年4月 2日 (日)

睡眠大事

歳を重ねると体調管理が大事だと強く感じる。スポーツを楽しもうとすれば特にそうだと思う。

50代の前半に「ハセツネカップ」という過酷な登山系の大会に出場した時に比べて、確実に体力は低下してきていると感じる。でも、スポーツは楽しみ続けたい。今はボルダリングを続けたいと思い、色々と考えながら過ごしている。

その中で、重視しているのが、食事。何といっても身体を維持するためには、日々の食事が基本、若さだけで乗り切れていた昔とは違うのだ!だから、食事は適切な量を良く味わって食べるようにしたいと心がけている。若い頃の早食いの悪癖が顔を出さないように注意しながら。

もう一つ大事にしたいのが「睡眠」。金曜日に夜更かしをした土曜日の壁登りのパフォーマンスは明らかに低下する。というより、睡眠の質が仕事に影響するので重大事なのである。今後の楽しい人生は、しっかりと働き続けてこそ維持できるものなのだ。定年後も「毎日が日曜日」なんて言ってちゃダメなんだ、多分。

最近、気になる本が出版された。「スタンフォード式最高の睡眠」西野精治 著(サンマーク出版)。今やスポーツ〜トレーニング関連は科学的根拠に基づいた適切なアドバイザーが必要なのだ。本をコーチにして自己責任でもって自身に適用していく。Amazonで電子版をポチってみた。

ノンレム睡眠の最初の90分の「質」が重要だということ。

しっかりと実践しよう。成果は「壁登り」と「レノファ後押し」に出てくるか?乞うご期待、という感じで、
楽しみ(^ ^)v

2017年1月14日 (土)

心拍計のストラップを新調した

ランの場合、エンジン(心臓)を回し過ぎると脂肪燃焼に有効な有酸素運動にならないので、心拍計を使ってスピードを抑えるようにしている。karadafitの心拍センサーが安い(密林で4千円弱)ので、これとiPhoneアプリの組み合わせで走りに出ている。

先日、センサーの胸ストラップと計測部を接続するスナップボタン部が破れて取れてしまった。


ネットに、ポラールのストラップが使えると紹介してあったので密林でポチってみた。届いたストラップはしっかりした作りで、さすが第一人者メーカーだなと思った。これで2千円ちょい。気になるスナップボタンのピッチは確かに合っていた。しか〜し、ボタンの周りを覆っているゴムの高さがボタンよりも少し高くてkaradafitの計測部を押し込んでもゴムに邪魔されてロック位置に達しないため、ボタンが噛み合わない。



う〜ん、残念、、、でも、くじけない。それならゴム部の高さを削ってしまえば良いのだ、と、爪切りでプチプチと切り欠いてみた。


そして、計測部を押し込んでみると、パチっと食い込んでしっかり固定された。



胸に装着して、iPhoneのアプリを起動、冬場は乾燥して汗をかいて湿るまで計測できないので、指に水をつけてストラップのセンサー部分を湿らせると、よっし!計測できたよ〜(^ ^)v


さあ、またしっかりと有酸素運動で鍛えよう、絞り込もう。目指せ壁登り身体の軽量化!

追伸(忘備録)
使わない時は計測部を外して保管しないと電池を消耗してしまうみたいなので気をつけよう。

2017年1月 8日 (日)

前向きに(加齢との折合い)

最近、週末に気合いを入れて壁登り(ジムボルダリング)をした日の夕方はソファーで気絶しそうなくらいに眠気に襲われて身体が重く感じたりする。そう、50台前半には感じなかった感覚。これは加齢に伴うものだろうか。未だに週一ランで気分が乗って10キロくらい走っても、壁を登っても、幸い、翌日に筋肉痛が出るようなことは無い。

単にトレーニング不足なら良いのだが、、、そうでもないような、、、

ともかく、仕事関連のことがない限りは、週末でも夜更かしせず睡眠をしっかり取り、しっかり栄養補給して加齢と付き合っていこうと思う。まずは、現状の改善から。

今後も壁登りとレノファの後押しを継続していきたいから、鍛え続けたい。これからも前向きに行こう!






2015年2月20日 (金)

良きツールを導入

トレーニングを楽しむ、事が今の趣味。

最近、トレーニング全般に関して良いツールを導入した。

iphone!

この中に色々とトレーニング関連アプリを入れ込んだ。

ボルダリングには、撮った壁の写真にルートを描くもの。

ランニングには、GPS機能を活用しての、ルート、タイム、さらにセンサーを購入すれば心拍数も記録できるもの。

坐禅には、定番の誘導アプリである「雲堂」。

昨日は「雲堂」アプリに導かれてとっても久しぶりに坐った。頭の中が随分と整理されてスッキリした。

オーディオ機能で勉強もできるし音楽も楽しめる。ヘッドフォンで聞いていても、電話がフェードオンしてきてくれて逃すことはない。

子供の頃に見ていたテレビアニメにおける想像の世界が現実となっている楽しさ、目まぐるしく展開される仮想世界に足元をすくわれいよう、気を付けつつ、」しっかりと楽しむことにしよう。

2014年8月10日 (日)

暑い盛りのラン~注意事項(忘備録)

本日は心配だった台風も余り影響なく遠ざかり、午後2時頃からラン。

暑いときにはしっかり汗をかきたい。10キロ以上走るなら、熱中症に対する安全対策が重要。

まず、ボトルが差し込めるウェストバッグを装着。最初はカラでも途中で水を購入などして飲む。
とにかく汗がかけなければならない。そして、コースの中に木陰になるような場所をちりばめる。

そして、会話できそうなくらいのゆっくりペースを保つ。

こんなところだろうか。

もう一つ大切なことは、春先から、出来るなら冬場から走り込んで汗をかきやすいように身体に整えておくこと。
これが出来ていなければ、夕方や早朝などの涼しい時間帯に走ること。

しんどい時には無理をせず、昼寝などして身体を休める。

トレーニングの心がけ。寝る前に座禅などして頭の中をリセットして熟睡できればなお良し。

2014年5月23日 (金)

ポタリングからプチトレーニング

今日は休暇。
まずは、身体のメンテナンス。

散髪屋さんに。店長さんに「いつも通り」でお願いする。
店長さん「すっかり3mm(坊主刈り)が定着しましたね。」

そう、頭の手術で一部剃ったので以後、坊主刈りが定着。
すっきりして、歯医者へ。歯は大切。身体の維持に食が大事なので歯のケアを。
先日、検診の葉書がきていたので。マメに検診すれば、処置も短くて済む。

終了して昼食後に自転車でポタリング。息子のお古のマウンテンバイク"もどき"に背の高いスポーツサドルを取り付けて無理やり大人仕様にしたもの。結構良く走るので侮れない。以前、国道経由で山陽小野田~宇部まで行って80キロ位走れたもの。

爽やかな晴天の下、ゆっくりと流れる風景を楽しみながら図書館へ。山渓などを読んで「フリークライミング始めました」という本を借りる。

帰りは川沿いのサイクリングロードを走っていると、あまりにも心地よいので、小郡まで往復することにした。片道10キロの快適コース。これを少しトレーニングモード(6割くらい)でひたすらこぐ、こぐ。小郡で折り返し、山口の起点まで。良い汗をかき、昨日までのストレスを飛ばす。

その後は家までをポタリング。自転車のシーズンだ。今夜はジロ・デ・イタリアを楽しむかな。

20140523_145239

20140523_150107

20140523_151657


2014年2月16日 (日)

シンプルに楽しむことにした最初の休日にしたこと

ランを楽しんだ。

ゆっくりした朝、天気が良くて小春日和。

こんな日は外へ。昼前からランパックを背負って行動開始。

スタート後、コンビニに寄って走りながらの昼食として「柿の種」と水ペットボトルを購入。

時々、袋に手を突っ込んではひと塊ほど握り出して口にほうばり、走りながらボリボリ食べて水を少し飲む。鳥の如く少しづつ補給しながらエネルギー切れを防ぐ。山で遭難しないように駆け抜けるためのトレランの食事法。

吉敷からR435、林道経由で300m弱の峠を越えて山口市内へ戻る15キロコース。登りはゆっくり粘りの走行。下りは快走。トレランの訓練。平地をひたひた走るよりも断然に楽しかった。

今度は久々にトレイルをのんびり走り抜けてみるか。

2014年2月11日 (火)

メンタル?

ボルダリングで今ひとつ登れていない。

ホールドを掴みに行って、「あっ、ダメかも、、、」と思ってしまう。

で、掴めない。メンタルって大事だと思う。

で、先日、書店のトレーニング本コーナーでメンタル強化の本を買ってしまった。

目標が大事と知る。あの課題を絶対にやる!という気持ち。

それと、体重を落とす。一年以上前は67kg前後、体脂肪率18%

今、70kg、体脂肪率21%前後。前の体重、体脂肪率を目標としよう。

体幹トレとランニングで。アンチエイジング!

2013年11月10日 (日)

脳と筋肉

この前、テレビ番組で、脳の研究所を紹介してて、頭を良くする為には反復して学習することだと言ってた。脳は筋肉の如く鍛えるのが良いとのこと。今更脳力の向上は難しいとしても、衰えないように反復して鍛えておきたいものだ。てことは、やはり外国語を反復して、などというのが良さそう。だけど、この歳になると余程くり返さないと定着しないのが悲しいところ。でも、継続は力を信条とする立場としては、時間がかかってもひたすら繰り返すしかない、、、

筋肉の方は、というと、ここのところ、ランもサボり気味、ボルダリングも休止していたので体脂肪率が21パーセントを超えてしまった、、、雑誌TARZANが筋トレ特集をしてたので、思わず買ってしまった。ボルダリングを紹介してる記事があって読んでみると「遊び感覚のナチュラル筋トレ」と紹介していた。成る程、とても上手い表現だと思う。楽しんでいるうちに相当な筋トレをやることになるもんね。しかも、休憩しながらだけど数時間に渡り継続できる。ボルダリングが楽しいと思えることが前提条件だけど。当面、ボルジムへ行かない日は筋トレやってみるかなと思いつつ、やはり自分に合ってるのはジムでひたすら壁を登り下りすることだろうなと改めて思った。

より以前の記事一覧

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31